クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トピックス( 159 )

ブログをご紹介させていただきます。

BoleroSapporo-EagleMotorCycleのブログ

我が社の事を取り上げていただきましたので、ハイテンションな状態を経てのご案内です。


20年経っても変わらない感動と喜びをご覧いただきたいと思います。

モンゴルツーリングに対するイメージとか運営コースなどは20年経って変わりましたが、変わらないものは旅人の心。
初めて会った同士がなんであんなに仲良くなれるのか?
詳細は私には分りませんが、そういう風になる人々を眺めていて、きっと人間の絆をモンゴルで得たのだろうと想像しています。

私が悔しいのはそう言う仲間に絶対に入れないことなんですね。
入っちゃいけないのです。
言葉が正しいかどうか分りませんが、商品に手を付けてはいけないのです。
酒屋さんが店の棚から酒を取ってきて飲んでるのと同じです。
やっちゃあ、いけないのです。


a0010971_935456.jpg
雲多めで光が制御された夕暮れ時。
こういう雰囲気大好きです。


a0010971_9355367.jpg
ファッション性の高さも最近の傾向です。
アウトドアだから泥と埃をかぶってもいい服装との発想から、アウトドアでも自らを気遣い、個性を追及し、気分高揚や精神に張りを求める身だしなみ・・・・
モンゴルツーリングのアピールのためにも大変ありがたい流れです。
「進化すべきところは進化しないと・・・・・」って、私に言う権利はファッションに関しては無いと思われます。


a0010971_93621.jpg
これが素晴らしい写真なのですね。
一生の宝になるといいな、と思っています。


モンゴルツーリングは人それぞれの捉え方があります。
一生に一度の方。
毎年の方。
三年おき、5年おき、10年おきの方。
それ以上間をおいてご参加いただける方もいらっしゃいます。
いずれもありがたいことですが、10年経つと参加される方々の個性や考え方や思い入れなども違うはずです。

昔々、大島氏のガイディングで一日300キロ走ってバロンバヤンオラーンに行かれた方。
コバユリさんのツアーで新しいスタイルのバイクツーリングお楽しみいただけると思います。

遊びの世界、ホビーの世界、参加者は全て同じ金額を使い、休暇を取って参加されます。
誰が上手いとか、経験豊富だとか、そういう凝り固まった範囲の狭いレベル区分はもうありません。
天はライダーの上にライダーを作らず、ライダーの下にライダーを作らず。
レベルの違いや経験の違いをお互いが補完し合うというチームとしての楽しみ方、お付き合いをいただければ全てのツアーがハッピー・ホリデーになるでしょう。

少なくとも私はそう考えて運営しております。


ご賛同いただける皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-02 09:59 | トピックス | Trackback | Comments(0)
モンゴル・ツーリング|関空スペシャル2014

ご旅行条件が確定いたしましたのでご覧いただければ幸いです。

コースは伝統の「モンゴル・ダイジェスト」です。

この旅はお客様発案のプランです。
更にもう一つ今年はお客様発案のプランがございますが、こちらは貸切とさせていただきます。

モンゴルに旅を始めてから一年を除き、最低一回は毎年里帰りをなさる方がいらっしゃいます。
モンゴリストの先駆け、名前をハンジュクさんと言います。

a0010971_1036273.jpg
こちらはアウトライダー取材ツーリングです。
左から三番目上の方です。


a0010971_10363531.jpg
こちらは2005年のハギンハル・アタックにて。


a0010971_9255681.jpg
ディープゴビ。


彼はバリバリのオフロード・ライダーではありませんが、とにかくモンゴルが大好き。
一年に三回旅されたこともあります。
ハギンハルの他、フブスグル湖、厳冬のモンゴル、ディープゴビ、ハルホリン、バロンバヤンウラーンなど彼の辿った足跡はウランバートルを中心に無数に広がります。

大阪出身ですので、大阪のコミニュケーション文化がこの旅のベースとなります。
久米宏が以前発言していた通り、「大阪人はアメリカ人に近い。」
はっきりしていて、ジョークが話題の中心になる、と言う意味だ捉えています。

関西お住いの皆様は元より、ツアーに興味のあります方はぜひご検討をお願いします。

マイド、オオキニ! モンゴル、イキマッセー!

ボキャブラリーの少なさ、誠に申し訳ありません。
[PR]
by cruise_tour | 2014-03-29 10:44 | トピックス | Trackback | Comments(0)
コバユリと走ろう!ヘンティーフラワートレックでは丸一日、乗馬をお楽しみいただきます。
乗馬の写真をたくさんいただいていますのでご覧いただければ幸いです。
これだけで十分な乗馬体験のはずです。

キルギスでも乗馬の話になりましたが、一日馬に乗ればそれで十分な体験だそうです。

a0010971_17345363.jpg
滞在中のゲルから乗馬の旅が始まります。


a0010971_17351247.jpg
迫力満点の川渡。


a0010971_17352577.jpg
美しい森の中を行く・・・・


a0010971_17354079.jpg
自然美の中、全ての生き物が輝く時。
もちろん、山や丘や雲や空や石も美しい。


a0010971_17355467.jpg
絶景を見た時の喜びは誰しも同じ、このために旅に出るのですね。


バイクも馬も自然に楽しめて想像以上の天国へ連れて行ってくれます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-03-24 18:19 | トピックス | Trackback | Comments(0)

冬の京都の旅

冬の京都の旅
a0010971_11412896.jpg
毎度の京都冬の旅。
あったかい冬の陽射しの中、特別公開のお寺を巡ります。
庭の写真は妙心寺大法院です。
秋は見事な紅葉が楽しめます♪


a0010971_1283370.jpg
同じ妙心寺で冬の京都で特別公開のお寺にきました。
初公開に誘われてか?バスツアーの人が凄い。
でも説明を聞きながらゆっくりしていると静かな時間が過ぎていきます♪


春らしい…
a0010971_1402080.jpg
本当に今日は温かい。
京都らしい、春らしいお店のディスプレイを発見。
でも今残念な気持ちです…タクシーを飛ばしてきたのにお目当てのお店が休みだった。
本来なら湯葉料理の画像が送れたのに…


報恩寺
a0010971_142699.jpg
黒田長政ゆかりのお寺。
さっきとは違いゆっくり拝観出来ました。


妙顕寺
a0010971_15594260.jpg
冬の特別公開はゆっくりと説明を聞きながら時間をかけて回ります。
ここは妙顕寺。
大きいお寺でびっくり、そして気にいったのは小さな竹の庭。
[PR]
by cruise_tour | 2014-02-26 11:42 | トピックス | Trackback | Comments(0)
デイリーフォト|レディース|夏

a0010971_12181931.jpg
夏のモンゴル・ツーリングです。
ライダーは全て女性☆
この当時は女性限定プランでしたが、現在は男性もウェルカムです。
そして近い将来先導ライダーに女性を登用できればと願っています。



デイリーフォト|レディース|秋
a0010971_1218294.jpg
絵になる女性、I.Kさん。
レディース・ツーリングをアピールする上で数々の写真を使用させていただいております。
お会いになられると分りますが、ロングヘアーと流暢な上方言葉が印象的な方です。


デイリーフォト|レディース・・・・・ご覧ください。
[PR]
by cruise_tour | 2014-02-19 12:26 | トピックス | Trackback | Comments(0)

かんたんオフロード

オフロードデビューはモンゴルから。

a0010971_10285517.jpg
スクーターを除く、二輪に乗るのはモンゴルだけだというお客さんがいらっしゃいます。

初めてオフロードを走った方がどれだけたくさんいらっしゃるか?
その確率はこれからどんどん高くなってきます。
当社では肩ひじ張らず、恐怖感や不安ゼロのオフロードの旅を更に推進して参ります。

後10年経てば、オフロード・ツーリングはモンゴルに始まり、モンゴルに終わる・・・・・との時代になるかもしれません。
[PR]
by cruise_tour | 2014-02-13 10:32 | トピックス | Trackback | Comments(0)
デイリーフォト|レディース|夏のモンゴル


a0010971_112944100.jpg
この旅も分岐点の一つでした。
[PR]
by cruise_tour | 2014-02-08 11:29 | トピックス | Trackback | Comments(0)
a0010971_1073125.jpg
上記のようなページを作成いたしました。

ツアーカテゴリー


ご参加いただいた皆様の中で、「違うんじゃないか?」「こうしたらいいのでは?」と言うご意見がございましたらお寄せいただければ幸いです。

総じて初めて当社を訪れていただいた皆様やご参加経験の無い皆様が気になさる内容です。
ご協力をいただければ幸いでございます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-01-24 10:11 | トピックス | Trackback | Comments(0)
a0010971_1153093.jpg
この写真はインドのエンフィールド・ライダーがカレンダー用に撮影した写真です。

イカス!

見た瞬間に思いました。
この写真以外にもエンフィールドのアレンジ版が12枚あります。
後日、小出しにしますが、それはセンスを感じる写真です。

正にイギリス車ですね。
しかしながらモデルはドイツ人だとのこと。

撮影者のラジーブはほんとに楽しい男で、私は気になる人間ですが、繊細な所があり、しかも不器用なため、中々ツアー自体は盛り上がりませんでした。
エンフィールドに関しては最高のホビー魂を持っているが客商売には向いていないようです。

従って今でも付き合いはありますが、細いものであり、彼が醸し出すセンスや考え方を吸収するチャンスがありません。
彼からどれだけたくさんのことを教わったか・・・・


商業的過ぎず、しかもビジネスとして最低ラインをキープしている。
これが中々難しい問題であります。

喉から手が出るほど、欲しい人材であります。
[PR]
by cruise_tour | 2014-01-06 12:06 | トピックス | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶

a0010971_14294574.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-01-01 00:01 | トピックス | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour