クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0010971_13164764.jpg
今年からカワサキ・シェルパ【写真奥の黒い奴・・】が登場しました。
従来このクラスのバイクはホンダ・ディグリーのみでしたが、諸事情により、現地サービスでは積極採用はしておりませんでした。
しかし、遂に彼らも認める、念願のシェルパが日本の皆様のために足をご提供する運びとなりました。
現在保有台数は2台のみですので、早い者勝ちとさせていただいております。


a0010971_1317730.jpg
新しいアレンジ、トンレサップ川(湖)スイミング。
以前、メコンリバー・スイミングの企画を提案させていただきましたが、支持率5割でしたのでそれ以来中止しております(笑)
世界的に有名な川や湖で泳ぎたい方はぜひスイミング・ウェアをご持参願います。
尚、モンゴル・ツーリングでもそうですが、当社の方針として、朝から晩まで走りまくり、その国のカルチャーや人々や自然との触れ合いがゼロに近いタイプの旅は少なくなりつつあります。
とにかく走りたい、飛ばしたい、アドレナリンの分泌を感じたい方向けのプランはございますので、ご遠慮なくお問い合わせ願います。(問い合わせる最中に見送られることも問題はございませんし、大体、24時間×数日の長い時の流れを簡単に説明し、把握いただくことはどう見ても困難です。)


a0010971_13172616.jpg
新しいガイド、デーブです。
イギリス人ですが、クメール語ベラベラでカンボジアに10年の在住歴があるそうです。
こうなりますとカンボジア人よりもカンボジアの魅力を知り、魅力を発見できるセンスがあるとも言えます。
私が学生時代に山梨の富士吉田出身の友達が居ましたが、新宿の地理は私などより数倍詳しかったです。
そういうものです。
その国が好きになるということはその国の魅力を知っていることであり、外国人の方がある意味新鮮な感覚を備えている場合があります。


a0010971_13173913.jpg
新しい場面、コンポンプルーク水上都市と思われます。
私は一度船でこの周辺を通過した程度なので、実際にピンポイントでここには行ったことがありません。
ですので、地名は異なるかもしれませんが、この状況は紛れもなく、トンレサップの岸辺に栄える水の民の町に他なりません。
写真をご覧ください。
驚きますね。
子供だけで本格的な船を操縦しています。
日本でこんな船を発見したら警察沙汰でしょう。



以上、カンボジア・ツーリングでのおニューをご案内しました。
新しいものはまだまだたくさん旅の道中にはあるでしょう。
ガイドブックや旅行会社のパンフレットは単なる参考資料と基盤確認でしかありません。
ぜひ皆様も意識して新しいものを旅で発見なさっていただけることを願っております。
ソウルにだって、ワイキキにだって、クタビーチにだって、ニューヨークにだって、あれほど日本人が押し寄せながら知られない新しいものがあるに違いありません。

増してやモンゴル、インドシナ、東欧、フランスの田舎などには未知の世界が満ち溢れており、発見の宝庫と言って大袈裟ではないでしょう。

結果として同じことになろうとも、前例が有ろうとも、既に誰かが通った道であろうとも、自らの発想でオリジナルを追及される方、自分のお気に入りを追及される方、私は友情を感じます。



[PR]
by cruise_tour | 2011-11-30 14:04 | トピックス | Trackback | Comments(0)

ある男の話・・・

今回は完全なプライベートのお話・・・・・・・・・・・直江兼続の兜の前立て関連です。


人間誰しも両親が居ます。
両親なくして自分は存在しません。
その両親には、自分から見れば合計2組=4人の親が居て、更に倍々の親が居る・・・・
遡れば物凄い数の男女が居て、自分が居ることになります。
そして、それぞれの男女の間には必ず愛情があったはず・・・

先日の新聞では18歳から30歳までの男女の半数がそれらに対してどうでも良い状況で、これからも求める意識がない方が2-3割居るとのことでした。




週末を利用して友人のお祝いに地方の町へ出かけました。

a0010971_10312449.jpg
車内で弁当を購入・・
二段重ねのしゃれた弁当で、味も宜しい物でした。
私の父方の祖父母の出が山梨の鰍沢という所で、子供の頃たまに連れられてこの鉄道に乗ったことを記憶しています。
懐かしい、大好きだったおばあちゃんの声と姿が脳裏に蘇ってきました。
その時、おばあちゃんが必ず買ってた信玄餅、今でもありますね。


a0010971_10344782.jpg
友人が大勝負に出たこの町は甲斐を通り過ぎた信州の町で、何年か前にちょっとしたドラマがありました。
私も少しだけ絡んだので、懐かしさでいっぱいになりました。


a0010971_1036866.jpg
古い町には古い家並みがあります。
古いものを守り、維持することは簡単ではありません。
古いものは新しいものに取って代わられ大方消え去って行きます。


a0010971_10532521.jpg
この小さな川に架かる橋を何度渡ったことか・・・・
私が訪ねた知人はちょっと変わった男で、性格は強気で荒いのですが弱い者いじめは絶対にしません。
悩んだり、苦しんでいる人間の傷口に塩をぬりつけるような卑怯なことは大嫌いです。
そして大の人好きで、人情家です。
人間同士が交流するということは良好な関係だけではないことを熟知しながらも積極的に人間と触れ合うことを求めるタイプです。
「俺はペットは買わない。犬が好きだが必ず先に死んでしまう。その時の切なさと言ったら半端じゃないぞ。」


a0010971_1101052.jpg
お休みの時期を迎えた畑とお城・・・・
ここは歴史の古い町で、武田信玄、織田信長も訪れた歴史があるそうです。
武田信玄はこの地の武家を攻略し絶世の美女、諏訪姫を娶り、武田勝頼と言う猛将を生み出した。
織田信長が武田家滅亡に際してこの地を訪れた時、徳川家康を含む名将たちの前、明智光秀を足蹴にした話は有名ですが、そこは諏訪大社上社だとのこと。
知人はこの話になると弁舌が冴えます。

武家はお家を継続することを何よりも大切にしていた価値観はご存じのこと。
繁栄と豊かさを継続したいと願う心理と先祖が築いたものを守りたいと言う心理があるのではと推測します。
では少数の武家は別にして多数の庶民はどうだったのか?
お家を守るために婚姻を重ねたのか?
繁栄を継続するために婚姻を重ねたのか?


a0010971_11193858.jpg
知人と会う前にお勧めで一風呂浴びることにしました。
片倉館と言う旧財閥の別荘だそうで、近い過去ですが、歴史を感じましたね。
昭和初期の洋館で豪華な建物でした。



知人と合流後、昭和を感じさせる居酒屋で酒宴がはじまりました。
新しい門出を祝う場で、永遠と話は続きましたが、話題は様々・・・・

過去の話・・・
家族の話・・・
仕事の話・・・
歴史の話・・・
先祖の話・・・
食物の話・・・
親戚の話・・・
そして男とは、女とは・・・



「男が女を好きになるのに理由が居るか!?理屈じゃない。好きだと言う気持ちがあるから好きなだけ。俺はそうやって今までやってきたし、これからも変わらない。人付き合いは簡単じゃないが、女が居ると雰囲気が明るくなる。一人の寂しさと言ったらどれほどのものか・・・。お前だって父親と母親の愛情が有ってそこにいるわけだろ!!理屈じゃない。」



彼の人生は波風強く、とても常人では耐えられない過程にありました。
硬派で負けず嫌い甚だしい性格です。
ある意味世間では特殊視される人間で、常識外れとジャッジされることも多々あるでしょう。
しかし、私から見れば、最もシンプルに、大切なことを堂々と、人の道に外れることなく実践している人間と言えます。
世間一般では心の中に閉じ込めたり、忘れ去ろうとするような心理でさえも、それが人として真っ当で正しければはっきりと表に出すタイプです。
ただ、それは簡単なようで簡単でないことは確かです。



彼と話をしていて今年の出来事に心の整理ができ、これからどうしたら良いかが見えてきた気がします。
基本中の基本は案外軽視してしまい、忘れてしまっているものかもしれません・・・・・・・・・・・・
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-29 12:21 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)
トンレサップ湖は、昔々インド大陸がユーラシア大陸に衝突した時、大地のゆがみにより、できた湖だそうです。(アイデアが行き詰った時には、でかいことを考えることにしてます。)

この湖はとても広大で東南アジア最大の湖とのことですが、もう一つ凄い特徴があります。
自然の調整池として、カンボジアの大地を維持してきました。
それはスケールの大きな話で、改めて天地創造の神の偉大さを感じる次第です。


以下、天地創造の神の"技"をご紹介します。

こちらはメコン川です。
a0010971_1723341.jpg
11月はウォーターフェスティバルの季節です。
雨期が終わり、乾季になる季節の変わり目を祝う、どの国にでもありそうなお祭りですね。




こちらはトンレサップ川です。
a0010971_1754143.jpg
シェムリアプの手前のコンポントム市に近い、トンレサップ湖の東端と思われます。
ツーリング中にランチを取る場所の一つ、川沿いのカンボジア風ハットからのショート・クルージング・・
ご覧の通り、広大な川で、この川を生活の糧にしているクメール達が大勢います。
漁業も盛んに行われている豊かな川です。




自然の調整池たる機能をご説明します。
a0010971_17113281.jpg
地図の右側、北部から流れるメコン川と左のトンレサップ湖から流れるトンレサップ川が合流する地点が首都プノンペンです。
乾季は引力に従って湖を発した流れは下流のプノンペンを目指して流れますが、雨期はメコンの増水による流れを吸収し、トンレサップ湖へ逆流します。
そしてトンレサップ湖の面積は乾季の面積の6倍に達するそうです。
容積がどの程度増えるのか?琵琶湖の何倍に当たるかは分りません。



レイン・シーズンの終わりを祝う「ウォーター・フェスティバル」が行われ、トンレサップ川の水流が逆転し、米の収穫が始まる季節が11月です。
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-28 11:49 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)
a0010971_9483833.jpg
  タイガの森、9月の風景・・・


a0010971_9581946.jpg
  タイガの森、2月の風景・・・


季節は異なりますが、同じ場所です。

ここはライフル銃のシューティング・レンジで、ご希望により、銃の取り扱い実体験をなさっていただきますが、刺激を求める遊興的な海外射撃ツアーとは目的が異なります。
ここで体験する射撃とは、森での銃の使用目的を肌で感じていただくこと・・・・威力、衝撃、音の凄まじさを体感いただくことです。
この森では、虎と熊と人間が共存しています。
彼らとの出会いは難しいのですが、万が一に備えて銃を携行します。

面白半分ではない銃の携行・・・・・・・・・・・・・・・・・
頭では理解できない感覚を、実際に銃を取り扱っていただき、肌で感じていただきます。



エコツアーに銃。

一見、マッチしないように見えるのですが、このツアーでの銃の存在は「道具として」、自然さを感じていただけると思います。

アレキサンダー氏はこの森と動植物を愛しており、それらを守るために莫大なエネルギーを投入しているはずです。
彼の銃に関する価値観を、実体験を通して楽しく知っていただきたいと願っています。

興味とは、言葉や文章や絵図による知識吸収よりも、体感によって湧くことが多々ございますので・・
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-21 11:48 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)
「日本は高温多湿だから、キャンプに一番いい季節である夏がなぁ~」
と大きな声でつぶやいていた人が十数年前に居ました(笑)
Kampgrounds of America と言うキャンプ場のフランチャイズ組織のサービスを日本で販売しようと熱い気持ちで臨んだ仕事でしたが、全然ダメでしたね(笑)
「キャンプとは大陸性気候下に住む人々の文化であり、四方を海に囲まれた高温多湿な日本の国土には合わない。だから日本人はキャンプの楽しさを理解できない。」
捨てゼリフ的な理屈でその仕事を締めくくったことを覚えています。

確かに6月から7月が梅雨・・
7月から9月上旬が蒸し暑く台風もやってくる・・
5月と10月しか湿度の少ない季節はありません・・



しかし、今、キャンプの素晴らしさをアピールされているイベント・ディレクターが居ます。
数十名のキャンパーに楽しい一時をお届けする、会議などで構築されるビジネス理論では成し遂げがたい時の流れの演出。
そのパワーの根源はどこにあるのだろう・・・・・・・?



ここかな?
a0010971_14573083.jpg
この写真で注目いただきたい点は、ダイニングテーブルを囲む全ての景色がキャンパーのものであることです。
広~い大自然の風景が全部あなたのもの!
それはゴージャスなダイニングです。


a0010971_14591630.jpg
オープン・エアーのダイニング、後ろにあるベッドルーム2つ・・・
そしてキャンパーのスマイル。
全部そろってる写真です。
至高のメニューと究極のメニュー・・・・ここでは勝負することがバカらしくなることでしょう。


a0010971_1543245.jpg
キャンピング・チェアに身を委ねながら夕暮れ前の一時を過ごすリラックスタイムです。
モンゴル・ツーリングとキャンプは絶妙の相性があります。


a0010971_16414060.jpg
焚火は原始の時代から人間にとって最高に楽しいリラックスの時間であったと考えています。
心理学では炎を眺めることは精神安定につながるそうです。

私の年代では「キャンプファイアー」は道徳的なもの、教育的な位置付けで、本物のキャンプファイアーに出会うまでは「思想的=大人によって作られたキモイもの」と言う感覚がありました。(実際にウィキペディアで「キャンプファイアー」を検索していただくと中盤に同様のことが書かれています。)
しかし、本物のキャンプファイアーは暖かさ、焚き木が弾ける音、目と精神に優しい炎、一日の締めくくりとして夜を楽しむ最高の時を演出してくれる欠かせないものでもあります。

上記の Kampground of America のキャンプグラウンドを網羅したディレクトリーには「キャンプファイアーが出来るかどうか」が、書かれていました。
それ位キャンパーにとっては大切な物で、キャンプファイアーが出来ないキャンプ場は、ご遠慮なさる方も多いと思います。
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-19 11:38 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

冬の訪れ・・

10月2日、正午、タイガの森のトレイルです。
小雪が木々を飾り、美しい風景を演出しています。
お二人がお帰りになる朝の景色・・・・
森を去る、ちょっぴり寂しい気持ちを代弁しているかのようです。
a0010971_15334672.jpg
今、東京は秋と冬が交互に訪れる複雑な気候ですが、冬はもう直ぐ・・・
今年を振り返る時間がやってきますね。
2011年、平成23年、兎年・・・・・
まるで寅年のような激しい年だったと感じています。


しかし、虎はタイガの森のナターシャとユリアだけで十分。
一度、会いにお出かけになられませんか?
息を飲むような美しさと神秘さが魅力です。
特にこれからの雪のシーズンは良いかもしれません。


でも、シャイなんですよ・・・・・・・・彼女たち・・
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-18 11:25 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)

カンボジアのネコ

大体、ネコ科は暑い国が得意なのです。
カンボジアの写真はお客様から無数に頂きましたが、"猫"の写真をほとんど見かけません。
しかし、昨日から流されている大ニュースを知れば、意地でもカンボジアのネコの写真を探したくなるじゃないですか!
なぜか空気は真面目路線、真剣路線に変わってきましたので、敬意を込めて、先程からファイルを洗いざらい探しました。




ありました・・・・・・

カンボジアの猫の写真。

a0010971_1637145.jpg
時間は昼過ぎです。
多分、ランチで立ち寄った食堂の彼でしょう。

写真撮影をなさったセイイチロウさんは多分、この日を想像していたのでしょう。
スゴイ!
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-17 16:46 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)
カンボジア・ツーリングにて・・・・・


写真のライダーたちは途中で出会った人々で、途中までジョイントなさったそうです。
右端の振り向いているライダーがガイドで、デーブ(当社ツアーガイド)の知人だとのこと。
a0010971_13352374.jpg
美しいマディーロードです。
真っ直ぐなレッドダート、並木の緑、左右の田園風景が典型的なカンボジアの農村風景です。
この風景を眺めているだけで心は落ち着き、リラックス感で満たされます。
更にパームツリーが立っていればそこは天国。
南国独特のエアーの感触と香り・・・・
ああ、自分は東南アジアの農村に居るんだ・・・と、故郷からはるかに離れた旅の空の下にいることを実感します。

カンボジアは悲しい過去が日本と同様にありますが、日本程遠い過去ではありません。
従って、タイやベトナムなどの隣国に比べて経済的発展は遅れているのですが、それだけに古き良き東南アジアの農村風景が残っています。





a0010971_13523223.jpg
それにしても軽装ですね。
背中に穴が開いたTシャツが目を引きます。
右の彼などはヒジ・プロテクターをはめていません。
我々と彼らとは価値観や社会状況が異なりますので、装備や心構えは自ずと違ってくるのでしょう。

直線道路は「単調」と感じるかもしれませんが、オフロードの場合、速度を上げなくても、こだわりのマシンでなくても、色々楽しいことがあります。
しかも水溜りやヌカルミが道にある場合、なおさら色々と・・・
これらを楽しみながら走ること・・・・・・オフロードにはオフロード走行だからこその楽しさが満ち溢れています。

尚、オフロードを旅を楽しみながら走るレベルでは特殊技能は必要ではありませんが、ヒジとヒザのプロテクターは付けて下さいね。
オフロード走行とは、大地と戯れる確率が高くなります。(喧嘩ではなく、戯れです。)



オンロードの旅も楽しいのですが、オフロードも楽しいですよ♪
日本では中々難しいオフロード・ツーリングが、カンボジアでは簡単に楽しめます。
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-17 10:15 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)
11月6日にスタートしたカンボジア・ツーリング、最新の写真集をいただきました。
この写真集はかなりエキサイティングです!

ツーリング・ルートは以下となります。
http://www.cruze.co.jp/html/b_kh_central_road.html

この旅は従来の同ルートと異なる特徴がありました。
+英国人ガイドがツアーをサポート
+乾季の始まりであるにも関わらず、雨の影響を受けました。


この二つの特徴を念頭にどんなツアーになるのか興味がありましたが、予想を越える出来事がやってきたようです。
写真をざっと拝見した段階ですが、これからそれぞれを充分に眺め、皆様にもその楽しさや驚きを感じていただけるようお伝えさせていただきます。

とにかく、この写真をご提供いただいたお客様には感謝申し上げます。


先ずはプノンペン空港にてソニア&デーブの出迎えのシーンをご覧ください。
こんな感じで、皆様のガイドが空港でお迎えします。
a0010971_15343972.jpg
「ナイス・トゥ・ミート・ユー!」
と笑顔で仰っていただいた、その時点からエキサイティングな旅が始まります。



空港ビルを出て、町へ向かいます。
a0010971_15422115.jpg
タクシーも、専用セダンも使用しません。
カンボジア庶民の感覚を感じていただくために彼らの懐に飛び込んでいただきます。
トゥクトゥクという東南アジア独特の交通手段で町へ。



そして楽しいディナーをガイド達とご一緒に楽しみます♪
a0010971_15384619.jpg
賑やかなアジアのレストランで、楽しい一時を過ごしながらお腹を満たします。
難しい話は必要ありません。
笑顔で、美味しい食事をバリバリお召し上がりいただければホスト側も満足間違いなし。
不味いわけがありません。



a0010971_1551367.jpg
ああ~
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-15 15:53 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

カンボジアの村にて

a0010971_1481292.jpg
子供と動物を取り上げますと、インターネット上ではアクセスがうなぎ上りになるそうです・・・・

ほんとかな?



今回子供を取り上げた理由は二つございます。

一つ目は子供に纏わる身近な出来事・・・・・(子供ができた訳ではありません。)

二つ目はお帰りなられたお客様の感想を拝見し・・


バイクならではの旅ができ、ダートやマディーも楽しく走れ、さらに、ローカルな生活を見たり、現地の人との交流や、現地食も堪能してきました。


バイクツーリングは旅行会社が間に入る上で、最高にセンスのある旅ができる手段だと思っております。
その理由の一つが、上記にいただいたお客様の声に集約されております。



また、昨日はややシリアスな話題を書きましたので、今日は和みをと考えました。

和んでいただければありがたいです。
[PR]
by cruise_tour | 2011-11-15 14:23 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour