クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

神秘の土地、ゴビ

世界有数の広さを持つ砂漠、ゴビ・・・・
旅人として憧れる方もいらっしゃると思います。
ゴビは広大な乾燥地帯でほとんど雨は降りません。
従って人間の生活の場としては過酷な環境です。
勿論、少数ですが人間の生活も見られますが、人口密度は低く、人跡未踏の広大なエリアとも言えるでしょう。

ゴビは人手が入っていない、神秘の土地・・・・
人間の知識や価値感や常識で全てを語ることができない土地です。

a0010971_10551345.jpg


ある日、未確認生物がゴビに生息している可能性がある・・と耳にし、ネット検索したところ、あるわ、あるわ。
即座にウランバートルの大島氏に訪ねたところ、現地生情報としてその話を知っていました。
大島氏は大変柔らかい方で、小説になるのではと思われる位、グレートな人生を送っている方です。
話は面白く、空気を柔らかくする才能に長け、冗談と本気のラインが混濁することも・・・従ってこの系統の話には最適です。



~ゴビの未確認生物の話に関連して~

大島氏:
「多分ゴビにいるといわれるワームの件でしょう。ヨーロッパの学会で発表され、昨年オーストラリアの大学教授が調べにきました。私の友人が同行しロシアンジープで1-2ヶ月探しましたが見つかりませんでした。友人は発表された文献を持っています。」

「実際に現地へ行ったって発見することは無いと思いますが、他にも変な話は、UFO着陸、原始人が生息、夜白骨のラクダが歩く村、枚挙にいとまがありません。

「私はトーラ川にかかる橋から(160Km)ULNに戻る時、深夜でしたが草原に赤い光を何度もみました。バイクや車であれば、ギャップに入りついたり消えたりしますが、その光はずーっとつきっぱなしでした。ULNに戻り話した所、あそこは出る、とスタッフも知っていました。ULNのアパートにもお化けは一杯でますよ。深夜カタカタ音がしたり、誰かに見られているような感じがするそうです。」



そのような情報?を得て更にネットを調べました。

モンゴリアン・デスワーム…
体形が牛の腸に似ていることから、現地では"オルゴイコルコイ"と呼ばれている。
この生物はゴビ砂漠に湿気が最も高くなる7月に現れることが多い。
乾燥時は地中に潜んでいるが、雨を感じると地表に姿を現す。
体長は1.5メートル程度で、芋虫のような体形をしていて、口から毒ガスを吹き相手を倒す。
また、電気ショックで相手を倒すこともあると噂され、既に数百人のモンゴル人が犠牲になっているそうである。
万が一に備えてライフルや防護マスクの準備が必要かもしれない。
緊急時に備えてレスキューと医療の体制も確立する必要がある。

当時、英国の科学者チームが探査に入った記事があり、信憑性は高い。
しかし、彼らがベストシーズンに長期で滞在したにもかかわらず発見には至らなかったということは、ツアーで発見に至るという可能性は低い。
また、その時期のゴビは暑さに加えて湿気が高いシーズンでもあるので、身体的なダメージは念頭に置く必要がある。


と、当時は真面目に考えて断念した記憶があります(笑)








どこかの旅行会社で発表しないでしょうか・・・

未確認生物をゴビに訪ねる・・・・・・・・・との価値観を持つメンバーで構成される旅。

日本には大中小含め、10,000社の旅行会社がありますので、冗談を真剣に考えて笑いを取るツアーを企画する会社が登場することは期待が持てます。
他社のコピーに躍起になることも良いですが、お客さんは賢いです。
オリジナルとコピーは直感的に見抜けるでしょう。




しかし、オルゴイコルコイで今年のブログを締めくくるとは思っていませんでした。
来年も来訪をお待ちしております。
良い年末年始になりますことを願っております。



クルーズインターナショナル・早川仁久
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-29 10:44 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

ワイン

忘年会でワインをいただきました。
しかし、主催は"師匠"ですので、ワイン持ち込みです。
師匠は人を大切にし、楽しませることに全力をあげる方で、太陽のような存在です。(私は単なる惑星のひとつに過ぎません。)

前々回は日本酒、前回はアワモリ、そして今回はワイン・・
いずれも世間に知られた価値ある一品です。



先ずはこちら

a0010971_9444864.jpg
赤ワインです。
このワインはワイン専門家の先生がお持ちになられたもので、流通価格は40,000円です。
既にシャンパンで乾杯を終え、お店のワインをいただいていましたが、そのタイミングでサーブされました。
中々手応えのある味で、合鴨に合いました。


a0010971_9482049.jpg
こちらのワインは大変有名で貴重なもので、コレクター好みの銘柄でもあるそうです。
イタリア・ワインですが、40万円だそうです。
味も噂通り、しっかりしていて、香りも芳醇、足もしっかりしていて、価値を認めざるを得ない味でした。



来年は柔らかさに加えて、更に違いの分かる男になるべく不惜身命努力してまいる所存です。
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-28 10:38 | プライベート | Trackback | Comments(0)

世界の年末・・

今朝は2通のメールが届いていました。
1通はハバロフスクから・・・・


クリスマスのご挨拶ありがとう。
こちらはそれほど寒くなく、日中は大体マイナス15℃で、もう2週間位マイルドな天候が望まれます。(通常、1月後半は最も寒い時期です。)
今、全てが雪で覆われ、そこにきれいな新しい雪が降り、クリスマスと新年を迎えるためのように、美しく覆われています。
まだ、今年の締めくくりと来年の計画に関する仕事は続いていますが、1月1日から10日までの休暇後には終わるでしょう。(私達のクリスマスは1月7日です。)

a0010971_1131195.jpg
これは2月下旬のハバロフスクです。
公園内に氷像が立ち並び、寒さをより一層強調していました。
氷像は確かに美しいと思いますが、なぜか冷徹な寒さを感じます。
ツララや凍りついた滝やかき氷の透明な氷などとは異なる根本的な冷たさしか感じません。
なんでだろう・・・・・?




もう一つはデリーです。
やや今年の愚痴交じりで、来年の豊富のような内容を書いたところ返ってきました。


返信が来て良かった・・・
お父さんのことは残念だ。
彼はたぶん平和の中でほっとしているだろう。
お母さんの健康と早い回復を願っている。

私は2011年は異なる道を行く我々多くの物にとって困難な年だったと思う。
しかし、それが人生だ。
波が来て、私達は厳しさと安泰の両方に向き合わなければならない。
陰陽の周期は私達を良い時代に連れ戻してくれるだろう。
だから決して心配ない。
良い成果が2012年に訪れることを願っている。
20年近い経験があるのだからきっと上手くやりくり出来るだろう。

2012か2013年は韓国と日本に行きたいと願っている。
その時は共に時間を共有しよう。

幸運を!

a0010971_11452777.jpg
ここはインドのジャイプール郊外のジャイガール要塞です。
ユニさんとラジーブ・・・
10年前位ですね。
はぁ~・・・・・・・・年取ったな・・・・・・・・・・

インドは大変面白い国です。
溢れる欺瞞はジョークであり、真剣に考えると怒り心頭に達しますが、ちょっと見方を変えると笑いがこみあげてきます。
インドは真面目に旅しちゃいけないと感じています。
日本的な真面目さを価値観の優とした場合、怒りや焦りの感情が多く残るはずです。
それじゃあどうするか?
義務感や時間への真面目さや硬さを忘れて素直に自分の感情に正直になることで楽しめるはず。

インドはヒンズー教発祥の地、仏教発祥の地ですから、決して軽い、薄っぺらな民族では無いはずです。
何か大切な物があの土地にある気がしています。
これを多くの方が企画された旅で得ることができるようであれば、ノーベル賞ものかもしれません。



と言うことで、来年は少しは柔らかい性格を目指したいと今は考えています。

従弟の一人に言われました。
「お前は堅物だ。いいか、ウソとホラは同じ様で違うものだ。ウソは陰険で気まずい空気しか残らないが、ホラは明るさと夢を与えてくれる。」

「う~ん・・・・・」

「例えば全然金持ってない奴が1000万持っていると言って持ってなかった場合ウソになるが、100万持ってる人間が1000万持ってるというのはホラだ。どっちが明るいか、笑えるか考えてみな。」
「ホラの方でしょうか・・・。」

「そうでしょ。ほらね。」



年末ブログはホラ吹きシリーズになるかもしれません。
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-27 12:18 | プライベート | Trackback | Comments(0)

トロピカル・ツーリング

冷蔵庫の中に居るようですね。
寒さは嫌いではありませんが、それは体調が万全の場合・・・
体が硬くて、足首から先が冷え切っており、やや憂鬱な気分です。
しかし、冬は始まったばかり、これから2カ月は寒さとのお付き合いですね。


以下、気分だけでも暖かくなっていただければと思います。

a0010971_1128810.jpg
カンボジアの典型的な郊外の道です。
緑の生垣と奥まったところに建つ、高床式住宅。
この真っ直ぐな道は単調なようですが、舗装路ではありませんので、変化は十分感じていただけるでしょう。
何かがライダーを待っています。


a0010971_11305822.jpg
こちらも典型的な広い風景です。
カンボジアから広さをイメージすることはないと思いますが、初めて走って郊外にでると、その広大な風景に魅了されます。
カンボジアはフライパンのような地形の国で、真ん中はまっ平らです。
地平線をあちこちで目にするでしょう。



寒い冬、暖かい東南アジアの道へ・・・・・・
遅ればせながら、ホームページの更新をさせていただきましたので、ご覧下さい。
いずれも暖かい国の旅プランです。

カンボジア
ノーザンタイ
インド

各ツアーは、ほとんどが2名様からのツアー設定となっておりますが、1名様でもやや料金アップにてガイドツアーをお楽しみいただけます。
また、航空会社の競争も激しいので、日にちによってはキャンペーン料金が適用されるケースもあります。
全ての料金をサイトに掲載することはできませんので、標準的な料金にてご案内しておりますが、お見積り依頼をいただければ詳細を調整し、お客様のご希望に沿った提案が可能です。
隠しネタではなく、サイトに掲載しきれないネタですので、ご興味次第でお問い合わせ願います。
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-26 12:24 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

Season's Greetings from India

a0010971_13175627.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2011-12-25 13:18 | トピックス | Trackback | Comments(0)

ラオス北部

「家政婦のミタ」初めて見ましたが、なぜ人気なのか良く分りませんでした。
流行りの物には一通り目を通さなければいけないとの指摘をいただき、できるだけ触れることにしていますが、一度見ただけではダメなのか、センスか、年齢か、性格か、「人気の理由が分らない・・・」との心境です。

と言うことは、私がお伝えしている世界の秘境、知られざる土地へのご案内も理解できない方が大勢いらっしゃって然るべきとの結論に達しました。
おかしな思考回路ですが、ちょっとほっとしています。



さて、ノーザンタイランドのチェンマイからのお話です。
ガイドのウォルターさんが奥さんとラオスをプライベートで訪れたそうです。
そう聞けば、当然ラオスの話を聞きたくなり、簡単に尋ねたところ、核心的な回答が返ってきました。
彼らはとにかく話が早いです。
あっと言う間に核へ突入します。



a0010971_1538772.jpg



a0010971_15382232.jpg



a0010971_1538339.jpg



ラオスはベトナムとノーザンタイランドに挟まれ、北は中国の雲南省、南はカンボジアに挟まれた縦長の内陸国家です。
日本からは直行便はありません。
バックカントリーと言う言葉で良いのかわかりませんが、そんなイメージじです。
カンボジアも田舎ですが更に田舎で、名が知れた史跡も明確な自然景観も思い付きません。
だから憧れるのでしょうが・・・・・・・・


ウォルター氏は言ってます。

「ラオスは東南アジアで最も興味を持っている国だ。落ち着いていて、多分日本なら1930年代頃と同じだろう!!チェンマイからは2日間必要で、4~5日過ごして帰りにまた2日、合計9日間が必要だ。もしも時間が無ければラオスへ直接入ることもできる・・・1月末に来ないか?」




新しい国のツアーを開拓するためには大体下見が必要、これは大切な仕事の一つとも言える
しかし、今の体調では歩くことがやっとなので、バイクは無理だろう・・・
でも1か月あれば何とかなるか・・?暖かい所に数日滞在すれば血行もよくなるだろう・・・カンボジアの時もそうだったじゃないか・・・
いや、1月末と言えば夏の仕込が始まる大切な時期でもある。
誰かに頼むか?
しかし、それは無責任というもの
どうしよう?


などと昨日から頭の中は同じ考えの繰り返しですが、多分結論は出ているのでしょう・・・・

煮え切らない男はいつまでも日の目を見ない・・・・・と天のささやきが聞こえてきそうです。




[PR]
by cruise_tour | 2011-12-22 10:45 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)
a0010971_10435565.jpg


すっかり忘れていましたが、キリスト教徒の大切な日がもう直ぐやってきます。


日本人は神仏問わず、良いものは全て受け入れてきた心の広い民族だそうです。

生誕時は神道で祝い、結婚式はキリスト教で祝い、この世を去る時は仏教で弔う・・・

この精神に大切な物が隠されている気がしてるのですよ。



しかし、私がどうかと思ったのはクリスマスイブに○○○に行列を作る○○○○達。

今年もそうなのかな~・・・?
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-21 10:49 | トピックス | Trackback | Comments(0)

港町

驚きましたね・・・・・・・・・・・・・・・・
いつの日かやってくると思っていましたが、こんなに早いとは思いませんでした。
リビアの独裁者が去って、北朝鮮の独裁者が同じ年に去った・・・
去り方が違いますが、ある意味一時代を作った人間が同じ年に亡くなったことは偶然とはいえ因縁めいたものを感じます。
北朝鮮、どうなるのか・・・・
北朝鮮の善良な人々にとっても、日本人の不幸な人々にとっても奇跡が起きるといいですね。
突然、平和な日々を奪われて船で連れ去られたなんていうあり得ないトラブルに巻き込まれた人々に幸せをと願うしかできません。


a0010971_18241815.jpg
ここは日本海に面したある港町です。
我々関東の人間にとっては中心は東京湾であり、そこが日本の中心だと思っていますが、それは我々関東人の感覚に過ぎない。
九州の人々はそこを中心に世界と交わっていたし、沖縄にしても同様、東北は東北を中心として世界と交わっていた。
四国は四国の世界との流通があり、山陰は山陰のスタンダードがあった。
考えてみれば日本は島国で単一民族でほぼ標準という観念が日本中に浸透していると思っていますが、そんなに単純なものでは無いでしょう。
もっと他の土地やカルチャーや考え方や価値観を知りたい気持ちが湧いてきます。

しかし、ちょっと訪ねただけでは見えてこないのですよね。
日本の中でさえ・・・
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-20 11:17 | プライベート | Trackback | Comments(0)

癒しの散歩

寒い、寒い、寒い・・・・
遂に風邪をひいてしまいました。
鼻と喉をやられ、タバコで気合の逆療法を試みましたが、悪くなる一方で体全体がだるくなって動けませんでした。
旅に出れば治るのでしょうが、今は若い方々に託そうと決めています。
従ってしばらくは、時代に合った勘、を得るまで足元を固めようと考えています。


外国を見ていると、体験していると、なぜか気が付かなかった日本が見えてくることがあります。
私は高校生の頃から外国に憧れるようになりました。
特に通勤電車に乗っていて、
『こんな国に居られるかよ!同じような服着やがって毎日毎日同じ顔して、同じこと繰り返してる緊迫感の無い連中と同じにはなりたくないわ!』
と若い発想を連発していましたね。


大人が家族のために、夢を封印しながら、日々同じ生活を繰り返していることの偉大さなどは若い人間には理解できません。
平穏無事に毎日を送り、家族との喜怒哀楽を中心に人生を過ごし、後世に引き継ぐ・・・・
それを意識的にできることがどれだけ凄いことかはやってみなければわからないのでしょう。


そんな人々が束の間、心と体を休める場所があります。
厚着をして寒さを完全にシャットアウトし、ぶらついてきました。
平凡すぎる写真ですが、ご覧下さい。

a0010971_10314411.jpg
通称ボート池と呼びます。
暖かい日には家族やカップルのボートがたくさん池に浮かんでいます。


a0010971_10332012.jpg
冬の水鳥たち・・・
人間に慣れていて、寄ってきましたね。


a0010971_1034083.jpg
真冬なのに秋のような風景でした。


a0010971_10343499.jpg
彼らも人間が餌をくれることを知っています。
しかし、「餌を与えないでください。」と言う看板が立っていました。


a0010971_10365280.jpg
三宝寺池です。
この池はほぼ天然池だと推測しています。
池の縁のあちこちから湧水が噴き出ていて、子供の頃から変わりません。


a0010971_1047166.jpg
遊歩道は最近のものです。
訪れる人々が増えれば当然時代共にこうなります。
自然保護、と言うやつですね。
良いんだか、悪いんだか・・・・・・・・


a0010971_10491473.jpg
池のある個所には祠があります。
これは昔から変わりません。
この公園は豊島氏と名乗った武家の城があった場所で、太田道灌に滅ぼされたそうです。
落城の際に照姫が池に身を投げたそうで、今でも照姫祭りが催されます。


a0010971_1050059.jpg
ちょっと「見せる写真」を意識して撮影しました。
撮影ツアーの根本を掴みたいとの意識もあります。
写真は技術的には絵より簡単かもしれませんが、自分の撮りたい写真を撮るためには相当な努力が居るでしょう。
特に大勢の人々の心を動かすためには・・・・・・・・・・・

そしてここは9月に他界した父との思い出の場所でもあります。
私のお父さんは登山と旅が大好きで、色々なことを教えてくれました。
この場所で真っ先に思い出すのはザリガニ採りのやり方を教わったことです。
タコ糸にさきいかを結んで池の縁の隙間に垂らします。
すると陰に隠れていたザリガニが飛び出してきて、サキイカに食らいつき、吊り上げます。
その時のことが今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。

8月、父が病床に居る時に気分転換訪れたこの池で、同じことを現代の父が子供に教えている姿を見た時は何とも言えない気持ちになりました。
人間は生まれてきて、必ず去る・・・・・・・・
その間に何をするのか、何を残すのかが、大切なのでは・・・・・・?


a0010971_1103157.jpg
ありがちな写真ですが、ススキの穂がパッと目に入りシャッターを押しました。
季節を感じる一枚になればいいかな・・・


a0010971_112974.jpg
真弓と言う名の樹木です。
冬に咲く花・・・・・真弓。
なんとなく、誌的に感じシャッターを押しました。


a0010971_1134093.jpg
ここが情緒ある場所なのです。
昔ながらの茶店で"豊島屋"と言います。
昭和天皇も立ち寄られたそうです。
ここで一休みすることが目的でやってきました。


a0010971_1153971.jpg
寒いのでほとんど人が居ません。
お気に入りの場所に座ってのんびりできます。
お店のお客さんの回転を考えて気を使う必要もありません。
冬なので蚊も居ません。
防寒だけ整えれば絶対にお勧めのタイミングです。


a0010971_1174581.jpg
熱燗とおでんで、体と心を暖めました。
ほんの小さな出来事ですが、こんな時間に平和を感じたりします。
お客さん同士の会話や、お店の人とお客さんとのやり取りも心地良いバック・グラウンド・ミュージックになります。
平和だな~☆


a0010971_11101522.jpg
豊島屋さんから三宝寺池を臨んだ風景です。
もうすぐ平成23年も終わりですね。





一年の終わりは冬ならではで、静かでやや寂しいのですが、躍動の春と夏への充電期間でもあります。
来年は充電したエネルギーをフル稼働して、今までにない冬を迎えたい。
そう誓って池を後にしました。
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-19 11:26 | プライベート | Trackback | Comments(0)

ラダック地方

ラダック、と言う地名をご存知でしょうか?

ご存じない方は大勢いらっしゃると思います。

ラダックはチベット世界の一つであり、インド領にあります。
ソビエトがそうだったように、中国がそうであるように、超大国は複数の民族や国家の集合体でなりたっています。
しかし、それを良しとしない民族集団があり、現状は仕方ないにしても、将来の独立を熱望している人々が居ます。(仮に日本がアメリカかロシアか中国の中の一つの国であったとしたら、私達は当然立ち上がるでしょう。)

ラダックはその一つと言えます。(激しい反政府運動などは聞いたことがありません。)

と言う流れでラダックと言う場所が特徴的な場所であることを先ずはアピールさせていただきました。


a0010971_107172.jpg
この道は「レー/マナリ・ハイウェイ」です。
何年もご案内させていただいているアドベンチャー・ロードですが、このツーリングの出発点はマナリ、終点がラダックの首都=レー市です。

マナリ&レー


昨日、ある友人と久し振りにお酒を飲みました。
彼は旅行業界の人間ですが、登山ツアーのプロフェッショナルです。
その彼から目が覚めるような提案をもらいました。
来シーズンにそのプランが実現するかどうかこれから話を詰めていきたいと考えています。
もちろん、日本人ライダーの皆様への旅のご提案です。

彼は上記のマナリに夏のシーズン中に駐在しており、より正確な情報が入手可能です。
彼のことは追々触れさせていただきますが、最も信頼できる友人で、旅のセンスも当ブログをご覧いただいている多くの皆様に近いと思います。

登山ツアーはダイビングツアー同様、日本の旅行業界では活発なツアーです。
だからこそ、たくさんの体験ができ、トレーニングも積んでいます。
しかも日本社会の実情が細かく分る存在ですので、日本の皆様に適したプランをこれからどんどん提案できればと願っています。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by cruise_tour | 2011-12-16 11:58 | プライベート | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour