クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

旅の出発点

本日は夏のツアーの最後のお見送りでした。

前回は見送りに伺いながら、見送られるというやや不思議な経験をしましたが、今日は正常です。

手を振ってお見送りを完了しました。

良い旅になる予感です。

皆さん、仕事で間際まで追われてやっと旅立ちの日を迎えることができるわけで、ほんとにほっとした表情です。

a0010971_144229.jpg

尚、皆さん結構、当社のブログをご覧いただいているようなので、ありがたいやら、恥ずかしいやら、緊張するや複雑な心境でした。

9月22日以降、やや自分が書く文に自信を無くしていましたが、気持ちを新たにした次第です。

しかし、所詮50代のおっさんのブログです。

若い元気な女性や男の子たちの新しいセンスには敵いません。

その点、割り引いてご覧いただければ幸いです。



良い週末をどうぞ。
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-29 14:08 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

生きた旅

昨日、そして22日に宝石とも言えるお客様からの旅後のメールをいただきました。
ほんとに楽しい旅をなさったことが一切のわだかまりは元より、よどみや濁りなく表現されている文章です。

マックスフリッツ・グループの皆さんのブログ・・・
コバユリ・ツーリングの皆さんのブログ・・・
その他大勢の皆さんが発する言葉・文章に触れ、言葉というものを考え直さなければならないと感じました。

あまりにも楽しい表現なので、こちらは気後れする位ですが、それでも付いていかなければならないと密かに決意を致しました次第です。



a0010971_8425446.jpg


特にアッティラ氏のガイドは素晴らしかったです。
ツーリングのガイドもさることながら、旅の先々でルーマニアの歴史や文化について詳しく説明してくれ、夜はお互いの意見交換などもできました。
彼は知性も教養も豊かな優秀なガイドだと思います。
また、いつか一緒にツーリングすることを約束して別れました。
DR.K.S

一部抜粋させていただいた文章です。
私が現地に詳しいガイド同行ツアーをご案内する理由は幾つかありますが、最もシンプルな人間同士の情と言う心のつながりを感じながらその国を知っていただき、感じていただき、幸福感を感じていただきたいとの理由です。

しかし、そんな考えに賛同して下さる旅人の存在なくして何も生まれません。
絵に描いた餅はそれはそれで良い物なのでしょうが、人の行動が伴ってできる"餅"は想像を越えた世界を導き出してくれます。

人間は醜い、どうしようもないバカな争いに明け暮れる生き物でもありますが、同時に信じられない素晴らしい世界を作り、見せ、発する能力も持っていると感じました。

私が知っている皆さんは意地や勝つために旅をなさるのではなく、違う世界を見たくて、新しい出会いを求めて、思い描いた夢を実現されているために旅されていることがはっきりとわかります。

今年はほんとに素晴らしい旅と旅人に恵まれた年でした。
人生を振り返っていつ死ぬのが最適だったかと考えれば今年の暮れかもしれません。
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-28 09:00 | 旅のコミニュケーション | Trackback | Comments(0)

奇岩地帯

a0010971_13384415.jpg


ある人がつぶやいていました。

「この岩をバックに大音量のスピーカーでワーグナーかけたら凄いだろうね・・・・」


草原ばかりの国かと思われますが、モンゴルには予想外に起伏があり、ご覧のような大スケールの岩山を目にすることがあります。


a0010971_1344933.jpg
こちらはテレルジというウランバートルに近い景勝地で、その山々の姿は目を引くこと絶対です。
テレルジNPを中心とするツアーを組んでみたいと思いますが、マニアックすぎるかな・・・・?
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-26 13:50 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

焚火

モンゴル・ツーリング☆ストーブ・リーグ第一弾☆

a0010971_1727613.jpg


贅沢な時間です。

人間は炎を眺めている時にリラックスできるそうです。

但し、本物の炎でなければ難しいでしょう。

特にモニターに写っているのは目に悪い・・・・・・
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-25 09:46 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

余裕・・・

11日間連続の2つの旅が終了しました。
誠にありがとうございます。
長い人生、私達は大勢の方と出会いますが、どれだけの交流ができるか、深く理解しあえるか、そう考えますと、人一人と出会い、お互いを理解することは簡単そうで簡単ではありません。
しかし、出会ったことは間違いないですし、お互いの記憶に残ることと思います。
モンゴルの壮大な大地、でっかい青空、心地よいエアー、動物や植物の営み、山や川や森や星や太陽が刻む悠久の時・・・
それらと出会った人々をオーバーラップさせ、ご自身が輝いた瞬間、躍動した時間、心の底から湧いてくる喜びを感じた時の流れをぜひお忘れなくキープいただきたいと思います。

言葉や文章では語りつくせない思いが多々あるかと思いますが、それは記憶には残るはずです。
・・・・・ぜひ大切になさって下さい。


私は前にも書かせていただきましたが、のんべんだらりと、右から左へお客様を流してテキトーに過ごしてきたわけではありません。
厳しい瞬間もありましたし、足りない時もありました。
ご期待に添えないことがなかったと言っては憚りがあります。
自省する時は自省し、アピールする時はアピールして参りました。

そして20シーズン目を終えた今、改めてモンゴルツーリングをアピールさせていただきたいと思います。

今、なぜか、強い味方を得た気がします。
それは私だけの一方的な思いかもしれませんが、自分の気持ちに嘘はありません。



これより長い休眠の時を迎えるモンゴル・・・・・・・・・・・モンゴル・ツーリングはストーブリーグに入りますが、皆様は美味しいものと美味しいお酒とお仲間とで盛り上がっていただけることを願っております。

a0010971_12595056.jpg

ありがとうございました。
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-24 13:07 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)
ノースゴビ"マックスフリッツルート"

当ツアーは私にとりましては色々な意味で記憶に残るツアーになりそうです。
色々な意味の中には私のみが知っていればいいことで、墓場へ持ち去るべきものもありますが、一番大きな感想・想いは以下のお客様のブログを見て抱きました。

Max Fritrz SAPPORO

ブロガーは12日からの旅にジョイントされたマックスフリッツ札幌店の店長さんです。
お若い女性で、ダートは初めてと書かれています。

彼女が発するモンゴル・バイク旅の楽しさ、喜び、幸せ感・・・・・
文と写真を見ていて思わずジーンと来てしまいました。

20年経っても旅人の思いは変わらない!
全然変わらない!!
世の中(都会)やライフスタイルが大きく変わっても、女性でも男性でも若きも歳を経てもモンゴルツーリングから得るものは変わらない!!!
誰と行こうが、天気がどうだろうが、気温がどうだろうが変わらない!!!!
携帯電話やインターネットができて目まぐるしく変わる世の中にあって変わらないものがある!!!!!

裏方仕事に疲れを感じた時に一番の栄養剤は旅人が発する喜びです。
ほんとにありがたい・・・・・・
そしいて相変わらず感動を与えてくれるモンゴル・ツーリングと、感動を素直に表現してくれる旅人の感謝します。


実は私、2008年、この仕事を辞めようかと本気で思いました。
とても悲しい出来事があり、自分の性分ではこれ以上、耐えられないのでは考えたことがありました。
辞めた方が良い、辞めるべきだ、と仰る方も居ました。
しかし、そんな時にふと頭を過ったのは2000年頃の説明会終了後に私に声をかけてくれたお一人の男性の言葉です。
「いつまでもこのツアーを続けて下さい。」
静かな方ですが、はっきりとそう声をかけてくれました。

大勢の方が感動し、幸福感を味わい、楽しんでいただける旅があり、なぜか自分がその旅を構築する仕事をしている。
そして周囲を見回しても私の代わりは誰も居ません。


そんなことが実際にあり、そしてコバユリさんが同時に強力なパートナーとして女性ならではの生真面目さと頼りになる機転でサポートしてくれました。
コバユリさんを紹介して下さったのがマックスフリッツ佐藤社長さんで、このお二方が今、モンゴルツーリングが存在する大きな基盤となっています。

もちろん、お一人お一人のお客様に支えられてここまでやって来たことは間違いありませんし、大感謝しております。


以上の思いがもうすぐ終わる20シーズン目を前にして私の頭を占有しています。
多分、このツアーを始めた大島博行さんも私と同じ思いを抱いているはずです。
自分が良いと思ったものを同様に良いと感じていただける方がいらっしゃることは私達の最大の喜びであり、安心感であり、感謝しております。

a0010971_1040123.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2012-09-21 10:42 | 旅人たち | Trackback | Comments(2)

ほっとする時・・

まだまだ日差しに暑さを感じますが、なぜかホッとする瞬間が訪れました。

昨日は嬉しい情報が2つ入りました。
中国情勢の安定によるツアー実行のお知らせと一大イベントとも言える旅の終わり・・・・
ハッピー・エンド&ハッピー・ビギニングです。

小競り合いで大切な物を見失ってはいけない・・・・・・一時的な感情で起こすアクションを決めてはいけない。
「人間辛抱だ・・」
とは上手く行ったものです。
しかし、はっきり言って辛抱は疲れます・・・・・・・・・・・
皆さんも私と同じ気持ちになる時があると思います。
そんな時は全てを忘れられる心の安定の世界へ入れるといいですね。


a0010971_9315972.jpg
憧れの男です。
手前の花は多くの方がご存知の植物の花です。
野生人参

一般的には朝鮮人参として知られていますが、分布はロシアにも広がっており、昔の満州族にとっては重要な現金収入だったと書かれていた記憶があります。
満州族は明朝を倒し、中国最後の王朝"清"を建てた人々で「アイシン」何とかと言う名前の民族・・

この写真を送っていただいた時、ロシア人のオリガさんはこの写真を当社ウェブサイトに掲載することに大変こだわっていました。
大変貴重な植物であることの証明でしょうね。


a0010971_9462556.jpg
タイガの森はもう直ぐこんな感じの色合いになります。


この森の写真を見て、自分がそこをバーチャルトリップしている時、私はホッとできます。
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-20 09:48 | タイガの森 | Trackback | Comments(0)

ドラキュラ伯爵の生家

a0010971_1428123.jpg
ルーマニアへ行ったなら、ぜひ訪れたい場所・・・・・シギショアラ。

シギショアラは古い町並みが残っていて路地裏に入るとまるで中世にタイムスリップしたよう。
ほんとにそう感じるから不思議です。
ツーリストが居ない閑散とした路地へ入ってみていただければ、中世の人々の姿がおぼろげに浮かんでくるはずです。



古ーい町の雰囲気はこの町に入った瞬間に感じますが、一つ有名な建物があります。
それは吸血鬼ドラキュラのモデルとなったヴラド・ツェペッシュの生家が存在することです。
上の写真がその生家です。

ブラド・ツェペッシュは当時の大勢力、オスマントルコと戦い、トルコ兵を串刺しにしたことから、残酷な領主として語り継がれ、吸血鬼ドラキュラのモデルになったとされています。
私個人はドラキュラ城=ブラン城よりもシギショアラの方が全然味あり、本物感を感じ、雰囲気を感じます。

興味が湧く理由は城よりも町に惹かれるからなのでしょう。
建築物よりも庶民の生活に惹かれるのでしょう。


とにかく、城も町も村も自然もバイクで訪れることで、私達は五感でそれらを認識、感じ取り、いきなりそこへ連れてこられたツーリストと異なる、新鮮なアンテナと変換装置で吸収することができるのだと思います。



ジム・ロジャース
「私は旅を単なる冒険としてではなく、全生涯を賭しての自己鍛錬の手段、本当の意味で世界のあるがままを理解することだと位置付けていた。地べたから世界をみて、自分が歩いた地球を心底から知ろうと考えていたのである。
ちょっとした旅をするなら、例えば三ヶ月間、中国やパキスタン、インドをめぐるとき、最良の方法はバイクで行くことだ。車窓からとはまったく違う景色をみ、匂いを嗅ぐのである。人はまさにそこにいて、その一部になる。見る。聞く。感じる。嗅ぐ。味わう。それはまったくの自由である。ほとんどの旅行者にとって、旅とは目的地へ到達するための手段だけれど、バイクで行く旅はそれ自体が目的なのだ。いったことのない場所を駆け、新しい人に邂逅し、冒険し、経験する。これほど素敵なことはない。」

[PR]
by cruise_tour | 2012-09-19 14:57 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

9月吉日

昨日のモンゴル航空は台風の影響のため大幅な遅延となりました。

ご利用になられた皆様、大変お疲れ様です。

自然相手のツアーの不確実性を出発から味わっていただきました。

また、最後に自然の不確実性にぶつかってしまった皆様、自然だから仕方ないとはいえ、ご慰労申し上げます。

空港で、半日余りを過ごされた皆様、本当にお疲れ様でした。

その疲労感は私自身身を以て体験させていただきましたのでとてもよく理解できます。

いやー、どうしようもないとはいえ、どうにかしてほしい気分ですね。

a0010971_100049.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2012-09-18 10:00 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)

日本一の村

旅先にある方からの写メです。

a0010971_15401670.jpg
中央道、恵那の近辺で岩村という集落です。
農村景観日本一の看板を見て立ち寄りました。
秋の田んぼには稲がたわわに実り黄金色に輝き、道沿いにはコスモスも咲いてます!
立ち寄って良かった!





夏のツアーの手配は全て終わりました。
ご連絡が遅くなりました皆様ごめんなさい。
楽しい旅になりますこと、心から願っています。

とにかく忙しい夏でした。
皆さんのお陰で充実した夏を過ごさせていただきました。

マナリの有川君は返ってきます。
コバユリ秋の旅も月曜日に出発します。
ルーマニア・ツーリングも明日からインターバルなしで10月上旬まで実施されます。
フランス・ドライビングツアーは9月19日から、ライダーご夫妻による旅で地元に根付いたフランス人のガイドでジュラとブルゴーニュ、そしてリヨンを散策します。
カンボジア・ツーリングも残り半分となりました。

とにかく安全で楽しく、行ってよかったと感じていただける旅になって欲しいです。


私個人の遅めの夏休みも大体決まりました。

ただ、私はツアーがある以上、常に緊張状態にあります。
気を抜くことなく、見守りたいと思います。
その心理は非科学的ですが、きっと見えない力で悪運からお守りできるのではと思っています。

そして直ぐに秋から冬の旅のご案内が始まります。
[PR]
by cruise_tour | 2012-09-15 15:52 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour