クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

インツーリストホテル

ブルガリアはソビエトの忠実な衛星国でリーダーのジフコフと言う人は「彼がブルガリアを率いている限り100年経っても変わらない。」と言われた強力なリーダーだったと記憶があります。

しかし、旅の道中で、アンゲルが私の口から「ジフコフ」との名前が出た瞬間の反応が意外でした。
「う~ん!ジフコフ先生・・・・」
嫌悪感と苦笑いが混ざったような反応で言葉全体は唸るように発していました。
推測では彼らはジフコフ時代を快く思っていないはずです。
ソビエトの影響下にあったことも併せて・・・

ブルガリアでソビエトや共産主義時代の話をすることは避けた方が良いと思われます。
彼等から持ち出さない限り。


ジフコフに関してですが、私、スパイ小説や陰謀を描いた小説に凝った時期がありまして、そこで拾った記憶だと思います。
アカデミックな知識や学びは一切ございません。
予めご了承願います。



共産主義時代、どの国でもインツーリスト(旅行会社)が旅行客の受け入れを全面的に行っていました。
そして受入れホテルがインツーリスト・ホテルになります。
a0010971_9254244.jpg
インツーリスト・ホテルは「パーク・ホテル・モスクワ」と名前を変えて運営されています。


a0010971_9275076.jpg
ここはインツーリスト・ホテルの客室です。
この日はアンゲルと二人でホテルめぐりをしました。
右側の女性はフロントで事務をしていた方ですが、見た目以上に気さくでした。
インツーリスト=コールド・ブラッド=無表情=人間味なし・・・・と言う固定観念がこの時は有った気がしますが、人間はどこでも大して変わりません。
目は二つ、鼻は一つ、口も一つ、男と女は惹かれあい、または憎しみ合う(笑)


a0010971_9292747.jpg
このホテルの自慢は最上階の展望レストランです。
広いスペースにテーブルが幾何学的に配置されている印象でした。
合理性を追求するとこのようなホテルになるのではと思います。


a0010971_9382671.jpg
レストランからのソフィアの眺めです。
この旅で私は何度虹を見たか・・・・・

それは輝けるブルガリア・ツーリングの未来を祝福しているのだ!
私への大歓迎の意思の表示である。
ブルガリアの天地が私に栄光を約束しているのだ!


勝手にしやがれ!

と言われても仕方がありません。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-31 09:41 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

ブルガリアの山村

昨日の信越ツーリングの情景から流れとしてはベターなお話です。

以前に続きブルガリアの山村をご案内します。

ロドピ山脈の中にあり、ギリシャとの国境に近い、シロカルカ村です。
a0010971_12242574.jpg
ここに到着した時は真っ暗でしたので感じるものは何もなかったのですが、朝起きるとゲストハウスの周辺は写真のような感じでした。
腕が悪いのでパッとした写真がありませんが、シャッター押しまくった記憶があります。


a0010971_12251326.jpg
ゲストハウス前の路地です。
コヴァチェビッツァ村の建物とは異なり、建物の壁には粘土?が多く使用されています。
ほとんど時間が無かったので村の散策はできませんでしたが、実際の生活が維持されているはずで、きっと訪れた皆様の興味を触発するはずです。


a0010971_12281841.jpg
彼女はゲストハウスのオーナー、または管理人です。
中々の美人でしたが、シャッターのタイミングが良くない!


a0010971_1229215.jpg
ここは一階がレストラン&バーとなっている宿屋です。
このレストランの料理は絶品でした。
多分村の中心にあるレストランだと思いますが、大き過ぎず小さ過ぎず私が好きなパターンでした。
レストランはただ単に腹に食べ物を詰め込む場所ではなく、先ずはリラックスできることが大切でしょう。
暖炉に火が灯っていました。


a0010971_12333864.jpg
部屋を見せてもらいました。
それぞれの部屋が異なり、調度品も寝具も異なります。
画一的ではなく、商業的でもなく、自分たちなりに理想の眠りと寛ぎをお届けしようとアレンジされた気がしてきました。




17世紀に創立されたシロカ・ラカは現在たいへん人気ある旅行先となっています。その資源は見事に保存された民族復興期の建築、伝統音楽、美しい自然、豊富な歴史にあります。
シロカ・ラカは、川の両岸の急斜面に建つ、ロドピ地方を代表する美しい伝統家屋で有名です。典型的なロドピ様式の家屋は突き出たベランダのある2階建てで、内部に木製の階段がついています。部屋は広々としていて、壁際に木製の寝床が並び、窓は比較的小さくなっています。最も有名な家屋はスグロフ家、ウチコフ家、グリゴロフ家です。
村は、その伝統音楽でも知られています。ロドピ民族音楽の名人と評価された歌手やバグパイプ奏者の中で、この村で生まれた者が数多くいます。1972年にここで国立フォークロア学校が開校しました。
3月の第1日曜日にここで「ペスポネデルニク」と呼ばれるクケリ(仮面踊り)フェスティバルが開催されます。
<中略>
シロカ・ラカ村は農村観光とエコツーリズムに最適です。自然、建築、きれいな空気、松の大木は多くの観光者を惹きつけています。村には宿泊できるこじんまりとしたホテルや民宿があります。

[PR]
by cruise_tour | 2013-05-30 12:40 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

北信・中越の旅

お客様からの写真です。
北信・中越の旅・・・
素晴らしい日本の農村の風景と残雪残る山々が写し出されています。

日本の素晴らしさ、良い所をひしひしと感じる今日この頃・・・
どの国でもそうですが、その国の良さは田舎にあり、農村にあり、地方にあるのでしょう。
その地の人々が守ってきた伝統が生きたものとしていつまでも残ることを願っています。



a0010971_11393826.jpg
つま恋のキャベツ畑


a0010971_1139517.jpg
柏崎奥地の農村


a0010971_11393482.jpg
斑尾の農村と妙高山


a0010971_114031.jpg
野尻湖と黒姫山


a0010971_1140666.jpg
渋峠
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-29 11:50 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)
昨年のルーマニア&ブルガリア・ツーリングを顧みて新たにプランニングされたツーリング・ルートがあります。

ルーマニア&ハンガリー・トラバース

ご夫婦による、こちらのツアー第一弾が決定しました。
この喜びは自分が信頼を得たことによる事が根本にあるためだと思います。

昨日も遥か福井からお越しのお客様がいらっしゃいました。
短い滞在でしたが、男、というものを感じ、言葉少ないながら理解ができたし、少なくとも私は敬意を抱いたことは確かです。

何事も真剣にトライしたい・・・・
遊びも仕事も真剣に行いたい・・・・
茶化したり、軽く見たり、侮ることは結果的に精神的、肉体的に怪我をすることが多々あります。
皆様はお客様ですが、その前に真剣味と品格を備えた男であり、女であり、旅人である・・・・
そんな真剣味を持った皆様に、私は現地ガイドや手配担当者と共に真剣にお答えしなければ人とは呼んでもらえないでしょう。


言葉にすると軽くなりますが、その真剣味は今の風潮だからこそ必要だと感じています。
ぬるま湯浸かって何とやら・・・・・情けなくなるその悲しい心を私はお客様の行為によって埋められ、更に余りある喜びと熱い気持ち、更に前へ進める後押しをいただいております。

誠にありがたいです。


a0010971_1024265.jpg
ティハニー。
バラトン湖北岸に突き出た岬に位置する美しい町。
ハンガリー伝統料理、修道院や美しい湖の景観が自慢です。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-28 10:04 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)

未知の世界へ

a0010971_901717.jpg
この写真は当社が次に目指す未知の世界です。
この話を持ってきたパトリックと言うスイス人はちょっと違います。
心根が通じるというか、話せる奴と言う感じです。
二言三言話せば大体理解しあえるお相手と十話しても何時間話しても何年話しても結局擦れ違いのお相手が居ます。
人間同士がコミニュケーションを取ると言うことは言葉の量や時間ではないことはお分かり頂けると思います。
沈黙もコミニュケーションの一つ。

難しいのはビジネスを離れたプライベートでのお付き合いですね。
そこには何でもあり、どうにでもなる、機軸がありそうでない。
何についてどう話そうと一切の制約がない。
議長も答弁のルールもない。


ここで一句


難しきもの

女心と

ガールズ・トーク




お粗末様です。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-27 11:51 | イマジネーション | Trackback | Comments(0)
インド・ヒマラヤ・ツーリングは今年4本のツアーが成立しております。
素晴らしい!誠にありがとうございます。

a0010971_1512967.jpg
ほんとにこのような旅をお選びいただける皆様に感謝申し上げます。
そして一言申し上げれば、「大勢の人がいかないから価値がある。」と言うことです。
大勢の人が行くと言うことはそこはどんどん観光地化され、本来の味が無くなります。

発見がたくさんあって欲しい。
発見こそ感動であり、発見はご自身にとって発見であれば発見に違いありません。
単なる知識と体を使って得た発見は絶対に違います。

旅とは心がどれだけ動くかであり、辛苦を含めてドラマがあるはずです。
単なる移動とは違う。

良い旅を願うものであります。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-25 15:23 | トピックス | Trackback | Comments(0)

疲れをいやすスペース

ベルダナ・ナチュラル・リゾート

こちらのホテルはカンボジアのケップにてご利用いただくホテルです。
こんなところでゆっくりとくつろいでみたい・・・・
と言う気分が今朝はひしひしします。

違う場所でぼーっとしてみたい。
何か煩わしいことに頭を悩ませずに空っぽになりたい。
宿泊施設の大切さと存在意義を感じた次第です。


バイクツーリング&ビーチ・リゾート

ありそうでなかなかないコンビネーションに魅力を感じていただけるようご案内して参りたいと思います。

a0010971_10315998.jpg
テラスでのんびりする時間も大いにリラックスになります。
1時間でも2時間でもそこに居ることができるでしょう。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-24 10:33 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

関空スペシャル

a0010971_845285.jpg
関空スペシャル、モンゴルツーリング盛り上がって参りました。
誠にありがとうございます。
現在男性4名様、女性2名様の予定です。
皆様の幸運を願うばかりでございます。

モンゴル・ツーリングの黎明期、1997年頃まではご参加頂く皆様の中で目立つ住所は兵庫県でした。
関東では神奈川県が目立ちました。
多分、オフのフィールド、オフが育つ土壌があったのでしょう。

時代が変わった今、伝統は大切にしながら現在のマインドにあった方向付けが求められると思われます。
単純に関西空港発着のモンゴル・ツーリングにするのではなく、そこにツアー運営の哲学的なものを構築したいと思います。

「関空発のモンゴル・ツーリングは他のモンゴル・ツーリングとここがチャウネン!」

と言う方向に持って行ければと思っています。

アイデアとは結論づけることから思考が始まり、生まれることがあります。
私の場合、自己利益の計算からでは難しく、商品サービス向上のために考えていると自然に湧いてきます。
そして「人間とは考える葦である・・・・」との言葉通り、考えること=アイデアを生むことが進歩につながるのでしょう。

ついでに申し上げますと、考えること=アイデアを生むことは偏差値に比例するとは言い切れません。
人間の潜在能力とは想像以上であり、興味と集中力と強い想いがあればきっと何かを生み出しいただけると思っています。
嫉妬心を憧れに変える度量を持ち、他人をあざける心理を自己反省に変える謙虚さを持ち、更に夢を持ち興味と童心のような集中力でお互い高いレベルの切磋琢磨をして行きたいですね。


と言う心理を得たのはプライベートでの出来事が原因です。
(うわさ+悪口+陰口)÷集団徒党×嫉妬=脆弱な精神の人々
こうなると進歩も爽快感も成長も感動も得られません。

皆さんと私達は世界を相手に夢を追いかけています。
多くの人々が恐れ、興味を持つことができない未知の世界に向かおうとしているのです。
ぬるま湯浸かって屁をこいてる人々とは一線を画しましょう。
精神衛生上良くないどころか、ツキまで持って行かれます。


以上関空の話で始まり、生き方論で終わるという、自分でも想像がつかない顛末に終わりました。
話が飛ぶのが当ブログの特徴です(笑)
スンマヘン。

a0010971_10365916.jpg
ブルガリアン・ダニューブ・カルテット
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-23 10:41 | 旅人たち | Trackback | Comments(0)
暑くなって参りましたね。
次第に夏の動きが活発になってきましてありがたい限りです。
初めてご利用いただける皆様、10年越でウォッチいただいた皆様、連続でご利用いただける皆様、時間をおいて旅をご検討いただいた皆様、ご夫婦でご計画いただける皆様、今年は無理でも来年、再来年に旅をお考えいただいている皆様に感謝申し上げます。
もちろん、当社を初めて知っていただいた皆様にも御礼申し上げます。
よくぞ辿り着いて下さいました。
そしていつの日か、憧れの地へ最高の手段で旅なさっていただきたいと思います。


a0010971_1555459.jpg
8月中旬の写真です。
ブルガリアのカザンラクを出て、ソフィアへ向かう道です。
山々はバルカン山脈。
ひまわり畑がポイントです。


a0010971_1562632.jpg
ソフィアからドナウ川へ向かう道です。
たまたま閑散としているのではなく、これがブルガリアの道の状態です。
アホバカの追い抜き追い越しの心配は要りません。



a0010971_158194.jpg
豊かな農地が広がっています。
ストレス"ゼロ"のライディングがブルガリアの魅力です。
多分、ブルガリアは日本人ライダーの聖地になるのではとでっかい考えを抱いた次第です。

ブルガリアのイメージが無いので今は即座にご理解いただくことは無理ですが、ツーリングのフィールドとして全てが揃っている国だと思っています。
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-22 15:13 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
偶然テレビを見ました。

ヒマラヤの奥地にシャンバラと言う理想郷=シャングリラがあるそうです。
その地を目指して旅する設定でしたが、ラダックが出てきました。

ラダックはヒマラヤの入り口となるマナリから530キロの道を辿り、辿り着く秘境です。
そこだけで訪れる価値は十分ありますが、その向こうにシャンバラがあるという想像です。

a0010971_120417.jpg
ここはカルダン・ラ=世界一高い所を走る自動車道路=舗装路です。
従来のツアーではここが限界でしたが、今年はこの峠の向こうへ向かうツアーを設定させていただき、既に二本が成立しています。

旅行業と言うこの仕事、社会の根幹を成す基幹産業ではありません。
なければなくても誰も困りません。
しかし、人類が発展し、航空機が発明され、バイクや車が発明された近代、人類が生まれて700万年とも500万年とも言われる長い道のりを経て辿り着いた近代だからこそ成し得る未知の世界への旅。
今だからこそできるのであり、これから石油が枯渇した場合、それに取って代わる航空機などの乗り物が果たして生まれるかどうか分りません。

だから今こそ未知の世界への旅を!

冒険心は興味心の拡大心理だと思っています。

あの向こうに何があるのか?
行ってみたい、見てみたい。
人間はただそれだけの気持ちで無意味とも思われる行為を行い世界に広がりました。
と言うのは私の勝手な想像ですが、実際に旅が生まれた以上、満更外れた想像でもないと思われます。
金鉱脈や何らかの物質的メリットを求めるのではなく、多分興味を現実のものとして手に入れたい、感じたいという気持ちだけではなかろうかと思います。

栄光と幸運を願う次第です。



CM
ザ・ラダックは今年キャンペーン価格にて設定させていただきました。
従いまして来年はお値段が上がる可能性が大でございます。
今年がチャンスです!
ご検討宜しくお願いします。

ツーリングパートナー募集
[PR]
by cruise_tour | 2013-05-21 12:13 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour