クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

シルクロード・ツーリングでは現在YAMAHA XT650を使用しております。

a0010971_13364898.jpg
こちらのバイクです。


a0010971_13371235.jpg
シート高をアレンジできるため、最低のシート高に設定いただきました。
79mmです。



a0010971_1338938.jpg
バイクにまたがっているのはガイドの一人、ピーター氏。
身長は168cmです。



a0010971_13384973.jpg
逆サイドから・・・


a0010971_13392044.jpg
これは偶然私がルーマニアで利用した同じモデルです。


シート高は最も多くの皆さんが気にされる条件ですので、ここに着目致しました。
私はルーマニアで試乗するまでにこのクラスのダートバイクに乗ったことはありませんでしたが、路面を選べば多くの方が乗りこなせるバイクだと思います。

仮に日本の林道の坂、旧コーナー、転回し難いトレイルなどではビギナーの方は苦労されるでしょう。
しかし、平坦で急カーブや狭いトレイルでなければいけると思います。

キルギスで予定しているアライ渓谷の道は多くが整った舗装路です。
レーニン峰のベースキャンプとコースによって設定されるアブラモフ氷河やヨートバレーなどのトレイルは未舗装の砂利道ですが、これも急コーナーは無く、急な崖の上を走るのではなく、急な坂もありません。
更に砂利は土に埋まっており、敷きたてほやほやの砂利が浮いている状況でもありません。

実際にピーター氏に質問したところ、
「私達の主要顧客(スイス、ドイツ人)は90%がダート走行経験無しだ。」
と即答頂きました。

ただ、車重は160㎏ございますので、小柄な女性の皆様は全く試乗経験が無い場合はある部分勝負になると思います。

信じられない絶景と中央アジアのカルチャーをご覧になりたいという願望と制御できるかどうかの不安との葛藤になると思います。


アライ渓谷の南側に聳える山々は標高差が3000mあります。
それが200キロに渡って連なっている。
富士山を東京から眺めたとして、その富士と同じ高さの山脈が200キロの山脈を成しているのと同じ光景です。
今度富士を眺めた時、連想して見て下さいね。

a0010971_13522729.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-30 13:57 | シルクロード | Trackback | Comments(0)

グループツアー出発日

【ツアー実行4名様以上】など、比較的大人数が必要なツアーでは下記のようなご案内をさせていただいております。

a0010971_14482291.gif
例:
モンゴル・ツーリング
ブルガリア・ツーリング

こちらは当社が「お薦めする出発日」と言う意味ですので、大手旅行代理店のような大企業が大勢の顧客を集客するために設定した揺るぎない「出発日」とは異なります。

大手代理店の集客能力は当社の何千倍にも及ぶわけで、事前にある程度の航空座席やホテルなどを確保しませんと到底ツアーが成立できません。

しかし、当社のような規模ですと、事前に仕入をする必要はありませんので、極力お客様のご要望にお応えできるのです。
ただ、お一人参加の方が当然多数を占めますから便宜上、「推奨日」を設定させていただき便宜を図らせていただいております。

尚、「まどろっこしい」とあまり評判のよくない「パスワード制のページ」に関しては追々廃止の予定です。
パスワード制にした理由は「大手代理店同様の大量販売的募集方法は容認できない。」という行政当局からの指導によるものでしたが、具体的にどうするかは各企業に一任されています。
当社ではパスワード制がその解決策と考えておりましたが、それから数年経ち、お客様の動きが以前とは異なる「受動的から積極的」になっていただいたため、よりシンプルにとご案内方法を変更しつつあります。

そしてフェイスブックの登場で更にお客様との密な交流が可能ですので、こちらもパスワード制ページの廃止の理由になります。


行政当局の指導根幹
・中小代理店は大規模な量販は行う力がない。一つのツアーに必要以上の募集は不測の事態を招く懸念がある。

・募集に際してはツアーの特殊性を充分ご理解いただくために、量販商品とは異なる、お客様の応募の事前に十分な説明の機会を設定する努力が求められる。


当社ツアーで最大枠はモンゴル・ツーリングの10名様が限界です。
カンボジアは今のところ、1から4名様の人数が参加実態で、お一人参加が大勢いらっしゃいます。
ルーマニア、ノーザンタイ、インド・ヒマラヤ、これから始めるラオスやキルギスも少人数でのツアー実行を要請しております。
少ない数の国を、一国をできるだけ掘り下げ、皆様にハートとガイド魂の籠った本物の旅の御提案をさせていただくことが当社のあり方であり、国数を増やす方向性は以前から持ち合わせません。

ありがたいことに、モンゴルでも想像しなかった皆さんが仲間内だけのツアーを作って下さっています。
そんな時代になったことがほんとにありがたいし、我々業者は他社の動向を探るのではなく、自らの会社の顧客の意志をくみ取る努力が求められると信じております。

先ず「商品ありき」、ではない。
先ず「消費者ニーズ」、ありき!

これが正解です。


異なる消費者マインドの上に組み立てた、異なる高品質のツアーが公正で綺麗な、表での競争と共に生まれてくるはずです。
お互い表でカッコのいい競い合いをしませんと、いずれ消費者の鋭い視点は軽薄さを見抜くはずです。

a0010971_15163633.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-04-28 15:25 | トピックス | Trackback | Comments(0)
ヘンティー山脈&大平原7日間

ご旅行期間:8月4日(月)~8月10日(日)
ご旅行代金:318,000円

お問い合わせ・お申し込みをお待ちしております。

a0010971_15413977.jpg
a0010971_15414983.jpg
a0010971_1541597.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-04-26 11:35 | トピックス | Trackback | Comments(0)

喜多方|福島|日本

三春の滝桜&喜多方の蔵巡りの旅から無事帰宅しています。
画像はお土産に買った沢山のお酒と味噌、醤油、喜多方ラーメンです…

ところで今回喜多方の方々とお話しをして驚きました。
あの大震災から3年、原発から遠く離れた喜多方では、今だ風評被害で観光客が戻ってないそうです!
今回の旅の記録を見て良かった、行って見たいと思った方はぜひ喜多方に福島に足を運んで頂ければと思いました…
二日間とも良い天気で満開の桜を見れた事に感謝します。

ありがとうございます、三春の滝桜、そして喜多方!

a0010971_8472972.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-25 08:49 | トピックス | Trackback | Comments(0)
a0010971_11174885.jpg

こんなところでお食事をとってみたくありませんか?

広ーいスペースにちょこんとおかれたテーブル。

この間の取り方が豊かさの象徴の一つです。


インドは広くてたくさんのカルチャーが集まり一つの国を成しています。
こんな国はまずないでしょう。
普通は分裂するのが当たり前です。
独裁政党が力で無理矢理まとめているのではなく、自然にまとまっています。

その理由がヒンズー教だからと言っていたインド人が居ました。
ヒンズー教は大らかな宗教だそうです。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-22 11:24 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
このリゾートホテルはなぜか気に入っています。

性格的にリゾート系ではないので、どちらかと言うと大きなホテルではなく、旅館、民宿系の宿が好みですが、ここは違う気がします。
人の温もりがある気がして、職人気質が感じられ、人間工学的・心理学的な部分を読んでビジネス主体に設計されている宿でない気がします。

例によってドサ回りの旅でランチを食べ、基本的な部分を見学しただけですが、一番大切なリラックスがここで得られる気がします。

広すぎないので、仲間と合流することも容易だし、気ままな時間を過ごすこともできそう。

ちょうどいい大きさで自然も適度にあり、人も穏やかで心地良い気がします。


a0010971_14108100.jpg


a0010971_14102040.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-04-19 14:10 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
スタロセル・スパ・リゾート

FACEBOOK STAROSEL SPA RESORT


ブルガリア・ツーリングで訪れるトラキア平原のスパリゾートのウェブサイトご案内です。
以前のサイトはご紹介できるような作りではありませんでしたが、更新後のサイトはかなり魅力的なサイトになっています。
残念ながらブルガリア語のみですので、翻訳ソフトでご覧いただければ幸いです。


以下、サイトからお借りした写真を何枚かご覧ください。

a0010971_12115479.jpg


a0010971_1212383.jpg


a0010971_12121128.jpg


a0010971_12121963.jpg


a0010971_12122714.jpg


a0010971_12123522.jpg


当社ではブルガリア・ウェディングのアレンジもさせていただくことが可能です。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-18 12:15 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

広い谷の風景

インド・ヒマラヤを望むヌブラバレーの迫力が、パミール・アライを望むアライ渓谷でイメージできました。

たぶん数キロの間隔を置いて突然そそり立つ、岩盤のような岩山が、人間には迫力ある心揺さぶられる風景として映るのでしょう。

ヌブラ渓谷はアライ渓谷に比べて谷面積は狭いのですが、同じ程度の幅の写真をご覧ください。
そして日本の渓谷のイメージから盆地的な渓谷を想像いただきたいと願っています。


a0010971_17335046.jpg
ヌブラ渓谷です。


a0010971_1734916.jpg
ヌブラ渓谷からそそり立つラダック山脈の大岩盤!



a0010971_17335955.jpg
アライ渓谷ですが、マークの箇所が下の写真を撮影した場所です。


a0010971_17341793.jpg
キジルスー(赤い川)を挟んでパミール・アライ山脈の大絶壁。
たぶん落差は2000mあるのだと思います。



まっ平らな土地の向こうにそそり立つ大岩壁の姿の迫力を写真で得ようとしますと、到底フレームに収まりません。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-17 17:41 | イマジネーション | Trackback | Comments(2)

ヌブラ渓谷|ラダック

ラダックの首都、レーの北にラダック山脈が聳え、世界一高い所を走る自動車道路があります。
その峠、カルダンラを越えた谷がヌブラ渓谷です。

渓谷と言っても広い渓谷ですので視界がぱっと開けるのでしょう。
そして川が運んだ砂漠のような砂地が広がります。

a0010971_1001648.jpg
この谷はファイブスター級の景色が堪能できると信じています。


a0010971_1002660.jpg
この大スケールの落差が感動を生むはずです。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-16 10:01 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

ガイド紹介|ブルガリア

アンゲル・アンゲロフ

a0010971_12304335.jpg
私は微力ながらバイクツアーを展開するために様々な国の様々な人々とコンタクトを取ってきました。

バイクツアーは日本に市場らしきものはありませんので、通常の旅行会社が取る手段が取れません。
従って直接現地会社とコンタクトしなければ仕事は進みません。
そのような中で出会った最高のガイドが彼、アンゲルです。

アンゲルは言葉が満足にできない私には不思議な男と映っています。
白人独特の、アジア人とは正反対の、情の程度の違いを感じないのです。
平たく言いますと、冷たいと感じないのです。
20代の頃、アメリカが好きで無鉄砲にもその世界に突っ込んでいきましたが、そこで感じたのはアジア人から見る冷たさです。(今それがなぜかは理解しているつもりですが・・・・・)

皆様が旅をチョイスする時に様々な要素が頭を巡ると思います。
あの町、この村、あの山、あの海、あのフィールド、あの風景、あの物語の舞台、あの歴史の舞台などなど。
しかし、お帰りになられて何が一番記憶に残るのか?

それは共に旅した仲間であり、ガイドであると思います。
もちろん単独の旅では仲間もガイドも居ませんが、出会った人々の記憶は大変鮮明で忘れがたい記憶となるでしょう。


人・・・・・・

これ無しに私は私の手でツアーを作ることができません。
特に皆様を導き、共に旅するガイドやコーディネーターは欠かせませんし、それこそが当社の存在意義であると思っています。


その長い、強い私の意志は最高のガイドとの出会いを導いてくれました。

私個人などはどうでも良いのです。
皆様に彼と旅して100%魅力的な記憶に残るブルガリアの旅をなさっていただければと願っています。
[PR]
by cruise_tour | 2014-04-15 12:44 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour