クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨年、突然完成した新しいインディアン・コネクションの再紹介です。

インドはラジーブがツーリング・ビジネスから撤退して、しばらく空白の期間がありました。
インドでパイプを作ることは大変簡単と言えますが、そのパイプは穴だらけのことが多々あります。
ですので、簡単に作れるという業界人が居るとしますと、それは真実を知らないか、仕事をしてないか、単なる話仲間、呑み仲間程度でしょう。

昨年出来上がったインディアン・コネクションは自慢ではありませんが、合格点間違いナシ。
100点満点を取るために残された仕事は私のみにあると言っていいかもしれません。



今年のお盆に計画されているツアー

ザ・ラダック"チャンタン高原"

何と女性ライダーがお一人参加されます。

このツアーのハイライトはたくさんあります。
全ての道がハイライトと言えるかもしれません。
その中で一つ取り上げるとしますと以下の写真です。

a0010971_10135847.jpg
チャンタン・ハイランド・スカイライン!
私が勝手に名付けました。
MAHE と言う集落から南にチャンタン高原へ向かう道中の道です。
この写真と同じロケーションの写真を期待しております♪



a0010971_1017734.jpg
右端のブルーシャツがコーディネーターの有川氏です。
彼は登山が専門ですが、このエリアを深く知る現場主義のプロです。
私が一番頼りにしている日本人パートナーです。
彼を登山だけでなく、バイクの世界でも活躍してもらいたい、と願っています。
ぜひ皆様のバックアップをお願いします。



a0010971_1019571.jpg
左端が有川氏の後見人と言いますか、仕事仲間を越えた親密な人間関係のソハン氏です。
私は昨年から実際の取引に入りましたが、結果としてお見事としか言えません。
それまでの何人かのインド人ツアーオペレーターに煮え湯を飲まされていたので、当初はそれなりに警戒しジャブを打ち、やや厳しい言葉や態度で様子を見ましたが、完璧でした。
嘘、言い訳、逃避、ぼったくり、全くありません。
私が願ったとおりの論理的なキャッチボールが出来ました。
結果、恥ずかしいくらい、私の完敗でした。


ザ・ラダックと言うツアーですが、このツアーの手配はかなり高度な技術が要求されます。
私が過去に取引したインド人では先ず対応できないでしょう。
欧米のツアーオペレーター・クラスの能力ですが、欧米人の値付けは我々には高い。
彼の能力をいただきながら現在の旅行代金で収まることは奇跡に近いかもしれません。
損得のリスクを避けるために高い値段をつけることは簡単です。
ただ、それではバイクツアーは発展しません。
私は一般的な日本社会の勤労者の収支や旅への価値観を、想像できる範囲で自分に当てはめながら値付けをしております。
従ってこのラダックツアーもできる限り詰める部分は詰めて、私自身リスクを背負いながら値付けをしています。
それができる大きな理由はソハン氏の存在であります。

但し、彼はツアーオペレーターとしての腕は抜群ですが、バイクにホビーとして親しんでいません。
その部分は発展途上にあると想定し、皆様の温かい応援をお願いします。
楽しさを具体的にお伝えいただければと願っています。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-26 10:42 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)

ブルガリアで有名な物

ブルガリアと聞くと真っ先に浮かぶのはヨーグルト。
その次が琴欧洲。

少々追求しますと、薔薇、そしてリラ僧院。


a0010971_11513661.jpg
琴欧洲の写真はありませんが、ヨーグルトです。
ヨーグルトはほんとにどこでもお召し上がりいただけます。
ただ、日本のヨーグルトのいただき方と異なり、料理にふんだんに使用されます。
それが一つのブルガリアの味かと思います。


a0010971_11535546.jpg
ブルガリアは薔薇で有名です。
世界の薔薇の香水の多くはブルガリアで生産されます。
貴重なオイルの源となる薔薇の花はブルガリアの気候に大変合うそうで、なんとなく、ブルガリアの気候をご想像いただけると思います。
最も有名な生産地は薔薇の谷と呼ばれる広大な谷です。


a0010971_11562719.jpg
リラ僧院は観光地としては一番有名です。
言語を初めとするブルガリアの核心的なカルチャーをオスマントルコ支配下で維持したブルガリア人の魂がこもる宗教施設です。
大変美しい建物で周囲の自然と完璧にマッチしています。



もう一つブルガリアで有名なものがあります。
スパ=温泉です。
いたる所に湧き出でており、ブルガリアが古代から栄えた理由がスパにあるとしますと、スパがブルガリアを作ったとも言えます。
a0010971_11584612.jpg
首都ソフィアで、ツーリング途中で、こんな風景を見かけることができます。
女性の皆様はスタロセル・スパリゾートで薔薇のお風呂=ローズ・バスをお楽しみいただくこともできます。


ブルガリアは長い間、共産主義と言うそれまでの文化を否定する制度の中にありました。
それはオスマントルコからの独立を援護してもらったロシア、その後のソビエトの覇権による結果であり、厚いベールの向こう側にあった国です。

共産主義は中国の文化大革命に象徴されるように一部のクレイジーな人間によってそれまで長大な時間をかけて培ってきた文化を革命の名の元に破壊しました。
文化だけでなく、人をも否定しました。


ただ、それらの時間を経てもブルガリアではコミニズムの悪影響は感じません。
首都ソフィアには確かに巨大な共産主義らしい建物が幾つかありましたが、地方には古い古い建物やカルチャーが残っています。
欧州で最も古い、同一の場所に同一の国名を持つ国。
西暦681年に成立した古い国。
モンゴルと共通の文化を感じる国。
アジアに一番近い欧州です。



最後に当社担当のFACEBOOKをご案内しますので、宜しければご覧願います。
特にこれから当社ツアーでご出発いただく皆様は友達申請をいただければより突っ込んだお話をご覧いただけるかもしれません。
プライベートな話や、私の各ツアーについての考えについても書かせていただいております。
長文もございますが、なるべく短文を心がけておりますのでお役に立てるかどうか一度ご覧いただければ幸いです。

FACEBOOK 早川仁久
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-24 12:20 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

ザ・ラダック

8月9日発|ザ・ラダック|チャンタン高原

女性ライダーの参加が決まりました。
ヒマラヤ・ツーリングでは初めて、インド全体でお二人目です。


インドの旅では女性が大変目立ちます。
大使館でも大勢女性の姿がございますが、バイク乗りとなると女性はがたっと減ります。
しかもインドとなれば今までは難しかったでしょう。

しかしながら、理解力と能力のあるインド人オペレーターとの出会いにより、これからは女性ライダーの皆様にも楽しんでいただける旅を作って行こうと思っていますのでご期待いただければ幸いです。



インド・ヒマラヤ・ツーリングは3000mを優に越える標高で実施されます。
ですので高地障害の懸念がございます。
見たこともない絶景を手に入れるためには多少のリスクは仕方なし・・・・・・とお考えいただけるかどうかのラインがございます。

そしてそのラインを見極められた方がこの地へ行かれるわけですが、きっと拍子抜けすることでしょう。
私の書いたワーニングが如何に大袈裟か・・・・・・

ただ、予備知識が全くなしの場合、気がつけば何とやら、と言う恐れがございますので、あえてご案内をさせていただいております。


a0010971_1615597.jpg
チャンタン高原、モリリ湖です。
ヒマラヤの中で最大最高地の湖です。


a0010971_1624192.jpg
自転車がどれだけ酸素を消費するかはご想像いただけると思いますが、サイクリストの姿は多いと聞きます。


a0010971_1632668.jpg
発展する経済と共にインドの人々のホリデーも変わっていきます。
モンスーンに当たるこの時期、ラダックは絶好の避暑地です。
ごく普通のインド人観光客が訪れるため、デリーからレーのフライトはいつでも混雑、お値段は下手しますと国際線の成田からデリーに近づきます。


a0010971_1652418.jpg
お泊りはキャンプになりますが、パーマネント・キャンプと言われ、一度設営したものを海の家のようにシーズン中張り続けます。
トイレ関連はこんな感じです。


a0010971_1662518.jpg
大切な睡眠の場所はこちらのように整っています。
アンダーマットに寝袋ではありません。


a0010971_167759.jpg
お食事にしてもご覧の通り、アウトドアクッキングではありません。
カレーをベースにウェスタンスタイルのお食事をお召し上がりいただきます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-20 16:08 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(2)
日本の旅は扱っておりませんが、基本中の基本です。
ここから全てが始まる。
日本は私達の根であり、旅立つ場であり、帰るところ。

そして家族が居て、友達が居て、自分の人生の大半があるところ。

それがあるから世界があり、比較ができ、感動の旅がある。



立場上、一つ付け加えると、世界を見れば日本の良さがもっとわかります。
世界を見よう!



大岡-棚田と北アルプス
a0010971_11383470.jpg




姨捨の棚田
a0010971_11391315.jpg




美ヶ原
a0010971_11393556.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-06-14 11:41 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)
昨年からカンボジア・ツーリングが盛況を得ております。当社比!
そんな中で古くからこの旅に着目していただいたお一人が今朝旅立ちました。

タカオさん。

私が遊び半分で下見をした年が2003年の3月でした。
その前に下見したノーザン・タイとは異なる状況に面白さを感じて始めました。

その後、いつかは覚えておりませんが、確かブログでその旅の事を書きました。

クラティエと言うメコンリバー岸の町があり、とても静かで適度な大きさで気に入りました。
そして滞在したホテル、オウドム・サバット・ホテルを絶賛する話を書いた記憶がありますが、その話を彼は覚えてくれていて11年目の今朝旅立ちました。

彼にとっては三度目の旅ですが、今回は完全なテーラーメイドの旅。
メインはオウドム・サバット・ホテルのテラスで夕暮れ時を迎え、ビールでリラックスすること。

a0010971_10112370.jpg
このホテルの3Fテラス前の部屋をリクエストしました。

心地良い風は大量の水の上を流れてやってきます。

私はこのそよ風が忘れられず、大好きで、しばしばこちらでも探しに行きます。

先日、三宝寺池の畔に建つ、昭和の名残の家屋の座敷に座っていました。
昭和の香りが残る庭を眺めていると、すーっと素晴らしい風が体をなめて行きました。
あれほど心地良い瞬間はありません。
その風はクラティエではいつも吹いているのでしょう。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-12 10:16 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

新しいページのご案内

新しいページのご案内です。

ツーリング・パートナー募集

お客様の動向を拝見し、より明確なツアーのご案内を念頭に置いての更新です。

難しいお話で恐縮ですが、「受注型企画旅行」と言う旅行会社が取り扱う旅の形態があります。

・受注=消費者から受注を受ける。
・企画旅行=旅行業者が企画した旅行。

「旅行会社が企画した旅行をお客様のご要望に応じ手配する。」と言う意味です。(この場合、顧客が主導であり、業者は受け身です。従来とは立場が違います。)
更に噛み砕いて言いますと、企画は旅行業者の本来の仕事であるが、その企画に息吹を吹き込むのはお客様であるという意味です。
もっと柔らかい言い方をしますと、「旅行屋が企画したツアーが気に入ったので、自分たちの都合に合わせた日付と人数で旅をする。」となります。

この場合、旅行会社の三種の神器の2つである「1.出発日 2.最少催行人員」はお客様が決定することになり、これが顧客主導のツアー体系であり、既に行政により、そのルールは確立しています。
昨年からお客様のこれらの動きが活発化したため、更にこの流れを推し進めたいと考えました。

大体、航空会社のチケット販売方式は多くが個人向けであり、団体向けのグループ・チケットは本物の大手代理店にしか回らないようになったはずです。
この流れを遅まきながら取り入れて我が社なりに吸収し、ご案内をさせていただきました。
その分り難いルールの入り口を簡単にご案内したページが今回ご案内のページです。

a0010971_16352683.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-09 16:38 | トピックス | Trackback | Comments(0)
皆様のお陰をもちまして、以下のツアーの実施が決定いたしました。

・ヘンティー山脈&大平原7日間
・2014年8月4-8月10、7日間
・318,000円


a0010971_11385948.jpg
今のところ3名様ですが、更に1名様増える可能性があります。

ヘンティー山脈は高地に当たるため早くて7月遅くて8月一杯が、特殊なツアーを除き、実施可能なシーズンです。
限られた、短い期間で設定できるツアーは多くて3つとなります。
7月下旬に小林夕里子さんのツアーが実施されますが、その次のタイミングとなりますので良い時期でございます。

ご検討を宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-06 11:43 | トピックス | Trackback | Comments(0)
旅行会社のパンフレットを見ると必ず日程表が記載されている通り、日程は旅行会社の一番重要な部分です。
三種の神器は「1.出発日 2.日本人添乗員 3.最少催行人員」ですが、それ以前の大切な物です。

その日程通りに旅程を管理する人間が、添乗員であり、ガイドやコーディネーターとは異なります。

あまたの旅行会社が存在する中、日程を管理することが求められるわけで、これを守らないと違約に発展します。

あまたの旅行会社が存在する中、競合他社と差別化するために一番手っ取り早い方法は、消費者の気を惹く場所や活動をできるだけたくさん盛り込み、できるだけ安く販売する。
その中でしのぎを削るわけですね。

結果どのような現象が起きるかはご想像いただけると思います。

窮屈で疲れる旅になります。
しかし、自分で選んで申し込んだ以上、窮屈で疲れる旅をこなさなければなりません。
周遊型のツアーでは。



a0010971_927844.jpg
場面はブルガリアのトラキア平原の大都市、プロヴィディフへのアプローチです。
これでも車は多い方です。
しかし、この町は日程では迂回となっています。
ブルガリア人にしては混雑した町で、ここを通過し、町を散策すると後の日程が押せ押せになる。


a0010971_9285548.jpg
プロヴィディフはこんな感じの家々と教会が点在し、古代ローマの演芸場がある大変古い町です。
新聞などでブルガリアツアーの日程をご覧いただければここは多分訪問地に入っているはずです。


a0010971_9312151.jpg
欧州の町の路地裏の魅力は言うまでもありません。
なぜこんなに美しい町並みができたのかと思わざるを得ない風景に囲まれます。


a0010971_932142.jpg
古い町並みの中にポツンとお店の看板がかかっています。
小さな看板ですが、ポツンと一つだけなので目立ちます。
目立つためにギンギラギンの看板を無数に並べ、大音量でガンガン音を流すのよりも目立つかもしれません。



プロヴィディフは日程では迂回になっていますが、メンバーの総意と時間的余裕と、ガイドの了解があれば立ち寄る時間はあります。

ただ、私は販売力をつけるために窮屈さを想定しながら、この町を日程に組み入れることは辞めにしました。
ガイドのアンゲルもデソもその判断ですので、私は彼らの意見を尊重しています。

ただ、バイクツアーでは現場での即興が成り立つ可能性が高いし、旅は旅人の物だと思っていますので、最終的には皆さんにお任せしたいと思っています。


義務、ではなく、興味で訪れていただきたい。
それが精神的なリラックスを生む元になると考えています。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-04 09:37 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
「オフロード」のイメージはそれぞれの方がお持ちであると思います。
それぞれのイメージを大切になさっていただいた上で、私のイメージ&そして現場をお伝えしております。
当社はレース・イベント会社ではなく旅行会社であり、当社がお届けする旅は保険が効く内容でなければなりません。

この保険ですが、外国の保険会社、山岳保険などの日本の保険会社が引き受けない保険を取り扱う会社でもツーリングは問題ないが、モータースポーツ参加者には保険はカバーされないとの回答がありました。

We do not cover motorsporting competitions according to art.23.1.24, in the attached conditions, but it is no problem we do cover you, not the bike, if you are travelling on motorcycle,

日本社会にモータースポーツが根付いているかのてっとり早い判断材料はテレビでしょう。
どのチャンネルを見ても同じようなバラエティーが流れていますが、モータースポーツは・・・・

反論もあるかと思いますが、人気のある内容は旅番組。


以上で何を申し上げたいのかをお察しいただければありがたいです。



【NEWS】マックスフィリッツ・カンボジア・ツーリング募集中です。
9/13-18、6日間、セントラル・ロードがベースになります。
お値段は24万円以下ですが、フライトが早割を使用しますのでお早目のご予約が有利です。
バックアップカーと通訳を手配予定ですので、当社初のカンボジア・ビッグ・グループツアーになります。
お問い合わせを宜しくお願い致します。




【NEWS】松下時子さんと旅するモンゴルの旅、募集中です。
8/25-31、7日間、ツェンヘル・ホット・スプリングス
315,000円




a0010971_1357565.jpg


a0010971_1358382.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-03 13:58 | トピックス | Trackback | Comments(0)

仏領時代の名残

【NEWS】マックスフィリッツ・カンボジア・ツーリング募集中です。
9/13-18、6日間、セントラル・ロードがベースになります。
お値段は24万円以下ですが、フライトが早割を使用しますのでお早目のご予約が有利です。
バックアップカーと通訳を手配予定ですので、当社初のカンボジア・ビッグ・グループツアーになります。
お問い合わせを宜しくお願い致します。






詳しい経緯は知りませんが、カンボジアはフランスの植民地であった時代があります。
その名残をご覧ください。


a0010971_17202935.jpg
この写真は仏領の建物かどうかわかりませんが、影響は受けているのでしょう。
アジアの建物のデザインでないことだけはお分かり頂けると思います。


a0010971_17215993.jpg
この建物は仏領時代の建物でしょう。
この町はコンポンチャムと言い、カンボジア第二の都市だったと思います。
メコン河岸の町、絆橋の町、そしてメコンの水量によっては水没することがある町です。


a0010971_1725453.jpg
フランスの名残、ナンバー・ワン!
やや野暮ったい気がしますが、初めてこれがテーブルに出てきた時は感激でした。

カンボジアへ行かれる皆様もカンボジアのフランスを探してみてください。
結構楽しいです。
[PR]
by cruise_tour | 2014-06-02 17:31 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour