クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

二大快適ロードツアー

ブルガリアは完全なロードツーリングですが、ノーザン・タイも多くの区間でブルガリア同様、天国のような快適なロード・ライディングが楽しめます。

田舎道は空いており、片側二車線の幹線道路でさえ車は少なく、二輪追い抜きも十分なマナーと間隔で追い抜いて行きます。
幹線道路の8割方、路肩はバイク一台が充分走れる幅があり、安心して走ることができるでしょう。
コーナーは、バイカーが理想とする心理のあり処を見抜いたかのような、快適なRのコーナーが続きます。
深いコーナーでも角度にして90度程度の入りと出の角度です。(もちろんRの短い180度の入りと出のコーナーもありますが、ほとんど記憶に残らない程度です。)
信号はほとんどなく、ストレスもたまりません。
ロード・ツーリングを楽しむバイカーのための道はブルガリアとノーザン・タイランドにあります。

尚、ロード・ツーリングにアドレナリンを求める方々が当社ツアーに参加されることはありません。
コーナーをタイヤ鳴らして走る必要は、態々外国まで出かけて楽しむツーリングの中ではありません。
そしてバカでも分る道路交通法。
ロードツアーは完全にその国の道路交通法の下で行われます。
その法規を無視して実施される旅行会社のツアーが有って良い訳ありません。
そして当社ツアーは顧客がリラックスなさっていただけることを最優先に旅を構築しております。

以上を前提に、もう一つ。


紳士たるバイク乗りが他のバイク乗りの腕や経験を自分より劣ると捉え、批判嘲笑する低レベルの心理の持ち主は当社顧客の中にはいらっしゃいません

以前私は欧州でのツーリングを前にして、共に走る欧州の紳士に訪ねたことがあります。
その方は年収〇千万のハイクラスの方でした。
「私はあなたのようなハイ・クラスの方と旅をしたことがありません。」
と懸念のレターを送ったところ、答えが返ってきました。

路上では(道中では)ハイ・クラスもロー・クラスも無い!
"On the road, no high class!"

それを証明する一つの材料として、当社ではオリジナル・ブランドをクリエイトする「マックスフリッツ」さんとそこに集う紳士淑女の皆さんにご愛顧をいただいております。
それは自然にそのような形になったのか、何らかの力が働いていたのかは分りませんが、一匹狼でこれまで勝手にやって来た当社にとりましては、良い意味で身だしなみを整えなければならない歯止め、道徳心を意識する抑制力となっております。

従いまして当社は知らない間に以前とは異なる中身に変わったと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ブルガリア・ツーリング
a0010971_9553926.jpg
a0010971_9555293.jpg



ノーザン・タイ・ツーリングa0010971_95636.jpg
a0010971_9561159.jpg
a0010971_9562133.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-10-30 10:03 | 旅の風景 | Trackback | Comments(0)

ブルガリアン・テイスト

ブルガリア料理もおいしい!
絶対においしい!
誰が食べてもおいしい!

その上楽しい仲間たちと一緒なら尚更おいしい!
a0010971_932071.jpg
この旅は女性優先ツーリングです。
女性のお気に入り、体格、体力に合わせてバイクの旅を進めて行きます。
単純に女性に合わせるのではなく、非力な女性の楽しみを尊重・サポートする精神を想定しています。
男女同権時代ですが女性の体格と体力は子育てに向いたように作られたものであり、男は戦うために向いた体つきになっていると想定しています。
その異なる人間同士が共に楽しむためにはお互いが歩み寄ることが最高!

バイクと言う共通の思い入れをカスガイに、共に束の間の、違う世界を楽しんで頂きたいと願っています。

因みに写真の中のお二人はオフロードの乗り手でもあり、当社で最もスポーティーな旅にご参加いただいております。
それでも楽しめるものがバイクの旅であり、TPOに沿ったホビーライフがありますね。
a0010971_11521661.jpg
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-25 09:37 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
チャンタン高原のモリリ湖から西のエリアです。
湖は多分、カー・レイク
標高4000mの世界です。

a0010971_10323447.jpg
a0010971_10324244.jpg
a0010971_10324953.jpg

[PR]
by cruise_tour | 2014-10-22 10:34 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
インド・ヒマラヤ・ツーリング、有川氏から最新の写真をいただきました。
美しく、壮大な風景をご覧ください。

a0010971_14442664.jpg
a0010971_14443651.jpg
a0010971_14444580.jpg


ラダック・ツーリングは僅か3日ライドですが、4000mを越える高地であることで体力的負荷は増し、3日間ライドでも十分な走行達成感を感じていただいたそうです。
当社では十分な万が一の対応を想定しながらこの旅をお勧めいたしますが、このチャンタン高原と、東&北のパンゴンツォ&ヌブラ渓谷ルートは、アドベンチャーコースであります。
4000mという標高が人間に与える負荷は現場で体験していただきませんと理解できないと思いますが、高地障害は多くの方が感じるはずです。

しかしながらラダックでも3400m以下の標高のエリアがございますので、来年は上記2コースに加えて体力的負荷の軽い、完全なオンロードツーリングをご案内予定です。
こちらのコースはチベット文化圏に点在するアーリア人の村を訪ねる大自然と人々を網羅した村と山の旅とさせていただく予定です。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-20 14:56 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
改めて新しいノーザン・タイランドのサービスのご案内です。


a0010971_11212349.jpg
受入れ総合担当、およびツアーガイドのトームさんです。
これまでは欧州、オセアニアのライダー中心に受け入れて参りましたが、今回深い縁があり、新しいノーザンタイツーリングをこれまで以上に多様に、そしてライトな体制で、日本の皆様に合ったアレンジにてご案内させていただきます。
そのメインが彼です。
問題ない所か、お勧めの人物ですし、アジア人でありながら西側のビジネス常識と感覚を理解しておりますのでぜひご信頼をお願い申し上げます。


a0010971_11213445.jpg
トームさんの一人娘です。
未だ未成年ですが、日本語を勉強しているのでいずれツアーによっては彼女が同行させていただくことがあると思います。
ただ、外国語を習得することは一生をかける位難しいことですので、その点一般常識における通訳とは異なりますこと予めご了承願います。
日本に憧れ、日本が好きな若き乙女。
日本人に触れたい、知りたい、学びたいと言う心理を抱いての参加になるでしょう。

私はツアーのアイドルになってもらえればと考えております。

ノーザン・タイ女性優先ロードツーリングを想定しています。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-16 11:30 | ノーザン・タイランド | Trackback | Comments(0)
ノーザン・タイランドの典型的な農村風景です。

a0010971_14512446.jpg

a0010971_14514054.jpg

収穫もう直ぐ、緑が黄金色に変わると始まるそうです。

山道を走っていると突然視界が開け、この景色が目に入ります。

しかしオフロードを走っている時は気が抜けませんので、視界には入りますが、どうしてもバイクの操縦に神経は取られます。

エキゾチックな農村風景も捨てがたい。

しかし、慣れてきたオフロード走行も楽しい。

どちらも楽しみたい。

でも通常はオフロード走行に集中することを選ぶでしょう。

この写真はガイドのトミーが気を利かせて停止してくれました。

コップンカップ
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-14 14:55 | ノーザン・タイランド | Trackback | Comments(0)
10月9から本日までノーザン・タイランドの旅を満喫して参りました。

元々、オーストリア人、ウォルフガングとの取引によりツアーをご案内して参りましたが、この度はウォルフガングのサポートをしていたタイ人のサービスにより、日本の皆様により適した運営が可能になりました。

簡単に申しますと、2名様から全ての予約が取れることを前提にガイド・ツアーが設定可能です。
荷物はカンボジアと同様です。

ノーザンタイは山国ですので、ダートツアーは11月から3月までが実施期間となります。
雨季は相当な経験がありましても厳しいとの見解です。


a0010971_1354960.jpg
ノーザン・タイランド、ダートツアーの典型的な風景です。


a0010971_1355970.jpg
このようなハッピーな道もあります。


a0010971_136863.jpg
メカニックのエー。
12年ぶりの再会でした。
あまり変わっていないと感じた次第です。


a0010971_1361832.jpg
右側の男性が受入れ総責任者でガイド・ライダーのトミーです。
例えお一人参加でも彼等二人が同行する豪華なヒューマンサービスです。


追ってご案内いたしますので宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-14 13:09 | ノーザン・タイランド | Trackback | Comments(0)
ブルガリア・ツーリング|しられざるブルガリアの散歩道ではバイクライディング以外に幾つかのアクティビティーをお楽しみいただく機会がございます。


その一つ、パラグライダー。

a0010971_9455338.jpg
a0010971_946230.jpg
a0010971_9461019.jpg
a0010971_9461923.jpg


このゲレンデは欧州でもパラグライダーに適したゲレンデだそうです。
場所をソポトと言います。
バルカン山脈の一斜面ですが、この斜面の箇所のみ南側のスレドナゴラ山脈が切れて、南のトラキア平原から安定した南風が吹くそうです。

ソポトへはスタロセルリゾートに到着後向かいます。
近くにはヒサルヤと呼ばれる有名なローマの遺跡の町があり、ローマ様式の城門が残っています。


しられざるブルガリアの散歩道・・・・・

散歩とは厳しいタイムテーブルに縛られず、気が向いたら寄り道し、道草を食む。
お気に入りの景色が有ればそこで止まり、知人に出会えばしばし立ち話。
自分の気持ち優先にリラックスを最優先にするもの。
そんなカテゴリーのバイク旅を250ccバイクで肩ひじ張らずに楽しんでいただきたいとの意向であります。


Good-bye strict timetable....
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-08 09:56 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
a0010971_15151232.jpg
ブルガリア・ツーリング2014の写真を入手いたしました。

ご参加いただいた方のプライバシーを念頭に掲載をさせていただく予定です。

先ずは象徴的なブルガリアの道の写真です。

道路が空いています。

適度なコーナーはバイクのために出来たようなコーナーです。
ブルガリアの山々は急峻ではありません。
従って山裾を走る道のコーナーも優しい曲線になるのでしょう。

この旅には父娘さんによるタンデムがございました。
安心してお勧めできるのはブルガリアの交通事情と道・・・にあります。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-06 15:19 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)
maxfritztokyo


期待を上回るマディーロードをお楽しみいただきました。

a0010971_10503488.jpg
a0010971_10504714.jpg
a0010971_10505542.jpg

この楽しさは経験頂きませんと分らないでしょう。

汚い、と言う心理は綺麗でいたい、と望むから感じるものであり、綺麗でいたい、を越える心理が心に訪れた時、綺麗でいたい、と言う心理は消えて行くものと思われます。
[PR]
by cruise_tour | 2014-10-01 10:55 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour