クルーズのアウトドアツアー

cruise.exblog.jp
ブログトップ

ラダック・ツーリング

現在、ヒマラヤツーリング進行中です。



カルギル市郊外の道・・・・


真っ暗な木々のトンネルを潜り抜けます。
a0010971_9345546.jpg


開けた景色との出会い。
a0010971_935389.jpg


萬年雪を被ったヒマラヤの雄姿が
a0010971_935131.jpg


壮大な山岳風景の対極にはいつも広大な谷がある。
a0010971_9352224.jpg

[PR]
# by cruise_tour | 2015-08-25 09:38 | インド|ヒマラヤ | Trackback | Comments(0)
バイクに生命が宿る場所

EDIT BY ヤマハ発動機様、マックスフリッツ様、佐藤旅宇様-

今年7月11日から15日のモンゴル・ツーリング記(ナーダム祭を追う)が素晴らしく新鮮な形になりました。
さすがプロの技と感嘆せざるを得ないサイトです。
そして反射的に文を目で追ってしまうプロローグ。
更に抜群の色と構図とピントの写真の数々。
モンゴルの写真は何千枚も見ましたが、星空を流れる流れ星とバイクの写真は初体験。
暑い日々に心がホッと一息つける新時代の紀行文です。

a0010971_13381343.jpg

[PR]
# by cruise_tour | 2015-08-07 13:42 | モンゴル | Trackback | Comments(0)
ヘンティー山脈の魅惑のスポット、最新の情景をご覧ください。

可憐な美しさはこの地、この瞬間の大自然の技。


蛇行するトゥーラ川上流部。
豊かな水が作る土地。
a0010971_1217223.jpg

オフロードバイク天国にて。
a0010971_1217291.jpg

フラワー・ロードを辿る旅人達。
a0010971_12173548.jpg

[PR]
# by cruise_tour | 2015-08-04 12:23 | モンゴル | Trackback | Comments(0)
写真は全てマックスフリッツさんより提供いただきました。a0010971_1618879.jpg
ナーダム祭にジョイントするバイクの旅、写真を頂戴しましたのでご覧下さい。写真では分らないツアーの立案から構築、そして運びについて簡単に文にさせていただきます。

基本的にバイクツアーでミステリーツアー的な内容のツアーを旅行会社が販売することは困難です。



「以前、偶然ナーダムに参加した時に歓待され、とても感激した記憶があります。ナーダムをメインにしたいが・・・・」
とのご依頼で始まった企画募集でした。

ウラバートルのナーダムは大き過ぎるため、地方のナーダムの情報を収集。(ウランバートル市を囲むトゥブ県のどこかで開催されるナーダムを調査。)
しかし、簡単だと思っていたナーダムのスケジュールが中々発表されません。
近年、ウランバートル周辺のトゥブ県では多くの人々が7月11日以降、ウランバートルへ出かけてしまうため、地元のナーダムは7月11日以前に開催し終えるそうです。
a0010971_153242100.jpg
現地サービス・オーナーの必死の情報収集で遂に一か所数十キロの村でナーダムが開催される情報を入手。
情報をダブルチェックの上、やっとご案内ができる状態に。
そしていざ出発日を迎えることが出来ました。
a0010971_15355368.jpg
ツアー日程表の文章はとても簡素なもの。
それでもご了解いただくどころか、楽しみになさっていただける理由はツアーリーダーの経験と彼を慕い、信じる顧客の存在です。
我々旅行会社単一ではそこまでの信頼関係を作るほど、お客さんの中に入ることは簡単ではありません。
a0010971_1539599.jpg
ツアーリーダーさんからのリクエストは3つだけでした。
難しいご要望はありません。
ただ、事前に現地に伝える必要のある基本条件でした。
a0010971_15414217.jpg
私でさえ分らない日程詳細。
一度モンゴルに出かけれら方はお分かり頂けるかもしれませんが、モンゴルツーリングに日程詳細はあまり重要ではありません。
どこを走っても素晴らしい景色であり、ナチュラルな楽しい道が続いており、全てが道だと言ってもおかしくないフィールド。
そして遊牧民とその場で良好な関係が構築できる現地サービスの能力があれば、モンゴルの旅は天下一。
ただ、そのツアーのテーマが必要です。
どんな旅なのかを簡単に連想できるテーマ。
それが今回の場合は「ナーダム際にジョイントする!」でした。
a0010971_1544068.jpg

[PR]
# by cruise_tour | 2015-07-27 15:58 | モンゴル | Trackback | Comments(0)
女性優先ツーリング|ヘンティーフラワートレック2015無事終了しました。

フェイスブックでは帰国時の成田でのスマイルの写真が掲載されていますが、FBは決してクローズドではなく、2チェンネル的な「何かにつけて、とにかく話題を批判や愚痴に持って行く心理を排除するため」の明るい世界です。

また当社の場合などはどう見ても情報抜き取りとしか思えない悪業から健全な状態を保つ目的もあります。

クローズドとは異なりますので宜しければ友達申請をお願いします。
特にこれから当社を利用するが更に当社や担当者の中身を知りたいと言う方は積極的に友達申請願います。
私も安心してブログなどでは語れないことをお話しできますので。


さて、ヘンティーフラワートレック2015は松下時子さん同行の旅でした。
松下さんとは2009年が出会いでした。
小柄(154cm)で静かな女性ですが行動力は抜群です。
最初のモンゴル・ツーリング後にラリーに出場され、活動は当社運営とは反対の方向に見えましたが、決してそうではございませんで、ラリーストの結構多くの方の思いと同じです。
「私にとってはラリーもツーリングなんです。」

そして今年初めて夏のヘンティーを旅されて、以下のコメントでした。

(編集済)
------------------------------------------------------------------
林間の花園をトレッキング、見渡すかぎりの花畑を楽しみました。
生ホーミーは美しい音色で、乗馬もエンジョイ。
おとぎ話よ覚めないでー!
------------------------------------------------------------------

ごくごく普通の女性の心と言葉ですね。
当社ではビギナー未経験に主体を置いておりますが、ご参加いただいた中にはモトクロスのレースをされている方もいらっしゃいます。
「バイクは早く走るだけが楽しみ方じゃありません。」
と仰っていただき感激しております。

F1レーサーこそ交通ルールを守るはず。
TPOを完全に理解いただける経験豊富な皆様も、ビギナーもいらっしゃる。
物理的道義的には非力な女性や未経験者に合わせて進める御伽話の世界。

後日改めてレポートさせていただきます。

a0010971_10492571.jpg
[PR]
# by cruise_tour | 2015-07-25 10:52 | モンゴル | Trackback | Comments(0)

海外バイク ツーリングを始め、アウトドアを主体とした旅の魅力をお届けします。


by cruise_tour